アイキャッチ画像

オンラインショップ売上の1%を工芸産地へ寄付。日本伝統の想いをつなぐ「1% for 日本の工芸育成」プロジェクト開始

2022年9月22日 13時

「買って使う」から「買うことで支援する」へ。日本の伝統工芸、職人の育成・支援、産地活性化へ。プロジェクト特設ページ開設、日本工芸堂オンラインショップからどなたでも購入、支援可能。

工芸品の売上の1%を、工芸産地へ寄付

日本の工芸品の販売を主に展開する日本工芸株式会社が、工芸品のオンラインショップ売上の1%を工芸産地へ寄付する「1% for 日本の工芸育成」プロジェクトを開始しました。


日本の伝統工芸を未来へつなぐ「1%」特設ページ

https://japanesecrafts.com/pages/1percentfor

 

日本工芸堂

https://japanesecrafts.com

 

職人や産地と共に歩む、大きな可能性を秘めた1%

「1% for 日本の工芸育成」プロジェクトは、伝統工芸に携わる職人さんの多くの声から始まりました。日本には数多くの豊かな工芸品やその技術がありますが、それらの職人たちは往々に高齢化が進み、後継者や長く受け継がれてきた技を継ぐ人材が少なくなり「作り手がいなくなる」「続けられなくなる日がくるかもしれない」という不安な現実に直面しています。日本工芸堂はそれらの力になること、さらに「日本の伝統工芸を多くの人に、世界に知ってほしい」という想いからこのプロジェクトを開始。他方、工芸品を購入されるお客様からは「素敵な工芸品・伝統工芸の産地を応援したい」「どのように作られるのか生産の様子を見てみたい」「自分が感じる伝統工芸の魅力を、一緒に発信したい」などの工芸品や伝統工芸を応援・貢献したいという声が多数寄せられていました。このような作り手と買い手を超えた両者の想いを、愛すべき日本の伝統工芸を未来へつなごうと、日本工芸堂オンラインショップの売上の1%を寄付していくプロジェクトスタートとなったのです。どなたでもオンラインショップから購入するだけで参加できる〝見える支援〟で、ファンの皆さんと共に、日本の伝統工芸が抱える課題を少しでも解決できればと思います。日本の伝統工芸を大切に育み、産地と共に歩む大きな可能性を秘めた「1%」の試みです。

厳選した日本の工芸品を世界へ届ける

 

日本工芸堂オンラインショップは、「こだわり続け、変わり続ける。日本伝統の技を、世界へ。」をモットーに、日本の伝統的な工芸品1,000点以上を世界中に届けています。何百年も受け継がれながら時代のニーズや職人の創意工夫により、変化を続けてきた日本工芸の手法や製法。それらをもって「暮らしの中で使えるもの」を追い求め高い技術を注ぎ込む、そんな日本ならではの「ものづくり」の根本である、工芸品の価値や素晴らしさを世界に届けたいという信念がカタチになったショッピングサイトです。このサイトでご紹介するのは、直接工房や産地を訪ね、生産現場を見て惚れ込みセレクトした日本各地の工芸品。職人さんたちが魂を込めてつくりあげた手仕事で、使いやすいだけでなく、暮らしに楽しさや嬉しさ、豊かさをもたらす機能美の逸品ばかりです。日本工芸堂は日本の工芸品の一番のファンとして、世界中の人にその価値や魅力を知ってもらいたい、さらにその背景にある日本の文化や心も伝えていきたいと考えています。

現代社会における視点から観ても、日本の工芸は環境に配慮した伝統的で地域に適した材料が使われ続けていることや、「ものを大切にする」精神や文化から生じた生産者・消費者の取り組みがSDGsの様々な目標にも該当していると考えられます。また、それぞれの地域の資源を活用し風土・風習にあったものを残し、知恵と技術で発展・継続させてきた職人技術こそが、まさしく長い時間変わらずサスティナブルでエシカル消費として存在してきたわけです。工芸品を利用することで豊かな時間を過ごす。贈る意味を伝え、喜びを感じる。なにより工芸を通してあたたかい気持ちになる。これらの日本工芸堂の目指す価値を、まさに「1% for 日本の工芸育成」プロジェクトは担っているのです。このプロジェクトへのご参加は、日本工芸堂オンラインショップから工芸品のご購入をすることで支援可能です。売上の1%は工芸産地へ自動的に寄付されます。

「買って使う」から「買うことで支援する」へ、伝統の想いをつなぐプロジェクト、あなたもご参加ください。

 

日本の伝統工芸を未来へつなぐ「1%」特設ページ

https://japanesecrafts.com/pages/1percentfor


日本工芸堂

https://japanesecrafts.com



Back to top button
Close
Close