アイキャッチ画像

新天地昌原教会、「10万修了式写真展」開催

2023年1月23日 8時

新天地イエス教証拠幕屋聖殿アンドレジ派昌原教会(担任カン·ヒョンジン)が23日から26日までシオンキリスト教センター113期10万修了式「主宰林と収穫、実状の現場」をテーマに昌原教会本堂で企画写真展を開催した。

)2019年に続く大規模修了式「話題」
観覧客「参加できなかったけど、感動する」

 

新天地イエス教証拠幕屋聖殿アンドレジ派昌原教会(担任カン·ヒョンジン)が23日から26日までシオンキリスト教センター113期10万修了式「主宰林と収穫、実状の現場」をテーマに昌原教会本堂で企画写真展を開催した中で、ここを訪れた観覧客が写真展を鑑賞している。 (提供:新天地昌原教会) ⓒ天地日報 2022.12.27

 

[天地日報=ユン·ソンヨン記者] 新天地イエス教証拠幕屋聖殿アンドレジ派昌原教会(担任カン·ヒョンジン)が23日から26日までシオンキリスト教センター113期10万修了式「主宰林と収穫、実状の現場」をテーマに昌原教会本堂で企画写真展を開催した。

今回の写真展は2022年12月20日、大邱スタジアムで開かれたシオンキリスト教宣教センター113期10万修了式現場の熱気を生き生きと盛り込み、修了式の喜びと感動を写真展を通じてもう一度伝えようと用意された。

昌原教会のオープンハウスで行われた写真展には、写真だけでなくフォトゾーン、カリグラフィー、カフェなど多様なイベントで観覧客の視線をとらえ、ドーセントの説明を通じてその日の感動を新鮮に伝えた。 この日の写真展には一般市民、宗教界関係者、地域関係者など計2000人余りが訪れた。

写真展を訪れたある観覧客は「修了式に参加しなかったが、写真展を通じて修了式現場の雄大さと感動が感じられる」として「このように多くの人が修了したという事実が本当に驚くべきだ」と伝えた。

 

 

新天地イエス教証拠幕屋聖殿アンドレジ派昌原教会(担任カン·ヒョンジン)が23日から26日までシオンキリスト教センター113期10万修了式「主宰林と収穫、実状の現場」を主題に昌原教会本堂で企画写真展を開催した中で、ここを訪れた観覧客が説明員に説明を聞いている。 (提供:新天地昌原教会 ⓒ天地日報 2022.12.27)

昌原教会の関係者は「10万修了式に参加できなかった方々に写真展を通じて修了式の感動を伝えることができてとても嬉しい」とし「この写真展を通じて新天地に対する誤解を解き、多くの人が新天地に押し寄せる理由の解答を探す時間になることを願う」と述べた。

一方、新天地イエス教会は創立初期の1991年から無料聖書教育機関であるシオンキリスト教宣教センターを通じて履修した修了生を対象に毎年修了式を開催してきた。 2019年110期修了式で10万3764人の修了生を輩出したのに続き、新型コロナウイルス以降初対面で行われた今年113期修了式で、3年ぶりに再び10万6186人の修了生を輩出し話題になった。

 

 

ユン·ソンヨン記者 承認 2022-12-27 17:01



Back to top button
Close
Close