アイキャッチ画像

【「人の目が怖い、人の視線が怖い」の治し方】人と目を合わせるのが怖い正視恐怖症、他人の目や視線が怖い他者視線恐怖症…根本原因から克服(人の目が怖い診断チェック)

2023年5月24日 13時

【人の目が怖い…これって病気?】人の目や周囲からの視線にとらわれ、そのことばかり執着してしまうと、反射神経的に『人の目が怖い、気になる、引っ張られる、人と目を合わせるのが怖い』症状がさらに強まります。人の目が怖いのは病気ではないものの、視線恐怖症や社会不安障害へと悪化する危険性があります。 【人の視線が怖い症状】他人の視線が怖い症状として他者視線恐怖症、正視恐怖症、脇見恐怖症、表情恐怖症など細分化されます。 【人の目が怖い診断】「人の視線に引っ張られる、人目が気になって行動ができない、恥をかく・嫌われることが怖い、人から悪口や笑われている気がする、自己主張できない、人から見られているかも…」こういった症状を思春期から発症しやすいと言えます。 【人の目が怖くなくなる方法】人の目が怖くなる原因が刷り込まれている無意識情動領域から、根本原因を解消できる画期的な誘導技術の開発の成功しました。

周りからの視線が怖い、その原因と治し方について

【人の視線が怖い診断】周りの人の目が怖い、人と目を合わせるのが怖い原因と症状について聞き取り調査

Dream Art(東京・大阪)の心理脳内プログラムには、これまで人目が怖い視線恐怖に苦しめられてきた方が多く通われてきました。
人の目が怖い症状の治し方を模索し、少しも克服できなかった方ばかりでした。


そのような人の視線への恐怖感で苦しんできた方に15年以上にわたり、当所では聞き取り調査を行い、その原因や苦しみについて述べていただきました。

 

・視線が集中する人前での発言や行動に対する恐怖や不安が自分の意志や薬でも消せない

 

薬を飲みながら人の視線が怖い症状を凌ぐ毎日で心身が疲弊していた。薬ばかり増えて効き目もなくなっている

 

本やネット、オンラインセミナー、カウンセリングなど人の目が怖い症状の治し方を試してきたけれど、頭の表面の対処法ばかりで、暴走する自分の神経やネガティブ感情を制御できなかった

 

・人の目が怖いせいで仕事が地獄のようにきつく、転職を繰り返している

 

・このまま人の視線が怖い状態が続いたら、もはや社会で生きていけない絶望感に駆られる

 

・いくら時間を経っても、人の目が怖いままだ。常に視線、人の目ばかり執着して意識から外れない

 

・人がいると勝手に神経過敏になり、周りからの視線に身構え、心身ともにガチガチになってしまう

 

・自分の視線が人に迷惑を与えてしまい、居たたまれなくなる。常に申し訳無さ、自己嫌悪に苛まれる自己視線恐怖症、脇見恐怖症

 

・人の視線が気になってしょうがない。落ち着かない、視線が引っ張られてどうしようもない他者視線恐怖症

 

・どうしても人の視線を意識すると、自然体がなくなり挙動不審になってしまう


・思春期から急に人の目が怖くなり、一度、他人の視線にとらわれたら、二度と視線から解放された思考ができなくなった

 

人と目を合わせるのが怖い。人に自分の視線が不快感を与えていると思うと、視線を合わせられない。だからコミュニケーションがまともに取れず死にたくなる(正視恐怖症

 

・電車など正面に人がいると、どこを見ていいかわからない、とたんに落ち着かなくなる

 

どうしても脇見してしまう。脇見しなくても、視線が隣に引っ張られ、イライラ、落ち着きの無さ、申し訳無さで消えてなくなりたくなる(脇見恐怖症

 

自分の表情が見られることが怖い。歪んだ笑顔や表情が人に迷惑をかけたり、相手に不快感を与えているかもと不安が強い(表情・笑顔恐怖症

 

・『人から変に思われたくない、嫌われたら生きてはいけない、よく思われなくては』思考が強い。そのためますます人の視線を気にしてしまう負のスパイラルに陥っている

 

 

このような他人の目が怖い状況を述べていただきました。


これらの問題は根が深く、必死の克服への努力エネルギーが逆に人の視線への恐怖感を悪化させる厄介な性質があります。
 

他人の目を気にしないようにしようという頑張りも、余計神経過敏さを悪化させ、重度の視線恐怖症やひどいうつ症状へと増幅させかねません。

 

だからこそ、他のカウンセラー、心理療法士や精神科医では不可能な深い無意識情動領域に一瞬でアクセスさせることができる岩波の誘導施術によって、人の目が怖い症状の治し方を模索する皆さまのお役に立てると考えております。

 

人目が怖い原因を根本から解決できる方法があります↓
https://www.kokuchpro.com/event/gnophobia/

(告知サイト。詳細、料金、克服体験談など掲載。東京・大阪開催)
人の目が怖い、人の視線が怖い方向け克服セッション

根本原因から解消! 他人の目が怖い、人の目を見るのが怖い症状の治し方

どうしても視線への怖さと緊張を制御できない…しかし、人の最も奥底に精神領域から人目が怖い原因を克服できる革命的な方法が開発

Dream Art 代表岩波英知は、50年以上に渡る「潜在意識、無意識、そして脳」の実践的研究を続け、独自開発に成功した『脳内・無意識訴求技術』を用い、人の視線が怖い症状を克服できず苦しまれてきた人向けのセッションを行います。
https://www.kokuchpro.com/event/gnophobia/
人の目が怖い、人の視線が怖い方向け克服セッション
告知サイト。セッション詳細、克服体験談、料金など掲載)

周りからの視線が気になってしょうがない、人と目を合わせるのが怖い状態が、仕事や日常生活に支障をきたし、毎日ストレスと不安と恐怖と緊張で消耗している方が大勢おられます。
 

従来の人の目が怖い症状の治し方として、『薬物治療、心理療法、カウンセリング、催眠療法、瞑想、オンラインセミナー、コーチング、スピリチュアルアプローチ』などがあります。
しかし、どれも根本から人の視線が怖い症状を克服改善させるには威力不足無意識情動領域から勝手に恐怖や不安、緊張を発症させる視線恐怖の根本原因に手が届きません

 

そのため人の目が怖く苦しむ方は、ドクターショッピング、心理セラピー難民になり、薬の量が増えたり、根源的に克服できないまま、辛い社会的生活にひたすら耐えています。

その間に、人の視線が怖い自分への自己否定感と絶望感がひどくなり、ひどいうつ症状や仕事も退職せざるをえないなど、さらに悩みを引き寄せてしまいます。

人の目が怖い状態は強い恐怖と不安、そして過剰な緊張と密接にリンクしているため、いくら考え方、対処法を教わっても、悩みを専門家に聞いてもらっても、決して自分の神経と強い負の感情を説得できません(さらに他人の視線にとらわれ、引っ張られ続けます)。

視線恐怖を克服できないのは、気合や努力、根性が不足しているからではなく、治し方の位置が違っているだけです。

理性や知恵の力ではアクセスできない深い精神領域から人の視線が怖い根本原因を破壊、抑圧感情を解放させ、視線や対人緊張への執着を減らす必要があります。

他人の視線が怖い、人の目を見るのが怖い、こういった視線恐怖を根本原因から強力に改善

人の目が怖い症状を克服された人の喜びの声を紹介

Dream Artでは15年以上にわたり、490名以上のお客様へアンケートや追跡調査を行なっていました。その中から、他人の目が怖い症状を克服改善された方の喜びの声を紹介させてください。

 

(10代 高校生 人の目が怖い、脇見恐怖)
高校生の時に救っていただきました! 今では大学で楽しくやっています! ほんとうにありがたいです。

(20代 大学生 男性 人の目が怖い、他者視線恐怖症)
良くならなかった場合、冗談じゃなく死ぬしかない状態でした。本当にありがとうございました。
 
(20代 会社員 女性 人の目が怖い、脇見恐怖症、自己視線恐怖症)
症状もやわらいでいってやっと人並みに生きることを楽しめるようになりました。
何にも考えずに明るく生きていた頃の私を取り戻すことができました。

(30代 主婦 女性 人の目が怖い、社会不安障害)
岩波先生のおかげでずっと私を縛り続けていた神経症が消えていってくれました。
生きるチャンスを与えてくださりありがとうございました!

(20代 大学院生 男性 人の目が怖い、人と目を合わせるのが怖い)
すごい技術力の高さにあっけにとられましたが、先生のご支援で早期に正視恐怖症を克服できました。
対人関係でも自信を取り戻し、就職も決まり、失ってきた時間をこれから奪還していこう思っています。先生がいなければ、人生が投了していたと思います。


(20代 主婦 女性 人の目が怖い、表情恐怖症・他者視線恐怖症)
とにかくこのままではいけない、待っているだけじゃ何も変わらない、何とか、何かを早くしなくてはという思いをかきたてられ、プログラムを受けてみました。
あのまま何もしないでいたら、今の幸せな状況はありませんでした。

(60代 会社役員 男性 人の目が怖い、対人恐怖・社会不安障害)
ずっと緊張して神経を張り詰めて生きてきました。それが自由な感情を学生時分以来味わうことができています。

(20代 会社員 女性 人の目が怖い、人の目を見るのが怖い)
ここで初めて私は自分の無意識から発生している視線恐怖の源を掴むことができました。
視線恐怖で曇りきっていた視野が、はっきりクリアになったときは、本当に嬉しかったです。


(30代 会社員 男性 人の目が怖い、他者視線恐怖症)
深いトランス状態に入れるようになってからは、疲労感がすっかりリセットされて、極度の緊張感も薄らいでいきました。
私が閉ざしていた本能や感情のパワーを解放できた体感をしてからは、あらゆることが好転していきました。


(20代 公務員 男性 人の目が怖い、他者視線恐怖症)
ずっと溜め込んできたものが抜け出ていった時、小学生の頃のように楽な気持ちを味わえました。
普段からの気持ちも楽になっていきました。職場でも人の中でもストレスが無くなり、他人への警戒心も薄らいでいきました。

(20代 会社員 男性 人の目が怖い、他者視線恐怖症)
このすごいプログラムを素通りしてしまっていたら、変われない自分の無力さに絶望し、生きることを諦めていたかもしれません。
今は克服した自分に自信を持って、毎日堂々と生きています。

(30代 女性 人の目が怖い、他者視線恐怖症)
私の人生をかけた戦いに勝てました。もちろん先生の心強いサポートのおかげなのは言うまでもありません。
失ったものを数百倍にして、たくさんの感動を家族と一緒に味わっていきます!

(20代 女性 人の視線が怖い、社交不安障害)
顕在意識で行う無駄な努力を終わりにしましょう。 無駄なことを続けると心が虚しくなりいつか折れてしまいます。
私のこれまでの虚しい努力から救ってくださりありがとうございました。

 

こちらに視線恐怖症を克服した人の体験談が多数掲載

https://www.mind-artist.com/neurosis/#kansou4

 

*当プログラムで視線恐怖症を克服した人の成功事例も下記に掲載されています

 

☆「人の目や視線が怖い」対処法、克服のヒントが多数掲載(岩波先生の言葉講演集)

https://www.mind-artist.com/kotodama/

 

人の視線が一度怖くなってしまったら、神経過敏が暴走していく心の罠があります。それを克服するには?

他人の目が怖くなった原因を強力に克服。視線に飲まれる自分の思考・感情・行動・覚悟が強くなっていく

当所の自己正常化プログラム

https://www.mind-artist.com/neurosis/

には、これまで多くの他人の視線が怖い症状(視線恐怖症や社会不安障害、対人恐怖症、表情恐怖症)などで苦しみ、どんな治し方を試しても根本克服できなかった方が多く通われてきていました。


人の視線が怖い症状が続くことで、神経過敏になり、防衛本能が高まり、過剰に自意識が暴走している方がいます。

そんな理性を使って雑念だらけになっている方でも、究極と称されるほど深いトランス状態(超変性意識状態)に誘導できる岩波の施術が根本から大きな効果をあげています。

 

人の目が怖い症状に落ってしまうと、人間は社会的動物のため、生きるか死ぬかの死活問題となってしまいます。
いつまでも人や社会から逃げ続けることもできず、視線恐怖と対人緊張の中、社会生活を送らなければならない苦しみがあります。

私たちは、旧来の治し方ではアクセス不能な深い無意識情動領域から、悩みが構築されしまった過去に遡り、強力に視線不安の原因(対人トラウマ、対人緊張、認知の歪み、ネガティブ感情の抑圧)を破壊していくことができます。

人の目が怖い状態に至ったのは、必ず幼少期から思春期を経て、現在に至るまで、そうならざるをえない原因と事情をそれぞれの人が抱えています。
その負の情報は自分の無意識情動領域に固着しており、そこから削ぎ落とさない限り、常に人の視線(=自分の視線)に苦しむことを繰り返してしまいます

根本から克服したい人に革命的といわれる誘導施術を用意しています。

 

https://www.kokuchpro.com/event/gnophobia/
人の目が怖い、人の視線が怖い方向け克服セッション
告知サイト。セッション詳細、視線恐怖症克服体験談など掲載)

人の目が怖いと感じているあなたへの診断方法

人の目が怖いと感じている人への自己診断方法を発表

当所のアンケートから、人の視線が怖い症状への自己診断方法を以下に挙げていきます

 

・視線恐怖を治そうと思えば思うほど、対人緊張が増して、自分では治しようがなくなっている

 

・人と目を合わせるのが怖く人と接しない仕事ばかりしている

 

・この悩み(人目が怖い)さえなければ、とばかり考え、視線の悩みから四六時中離れられない

 

・常に自己嫌悪の毎日。「人にどう思われた、嫌われた、迷惑をかけた」と後悔と不安ばかり

 

・気にしないようにしようと思うことが、逆に視線を気にしてしまう結果に終わっている

 

・やたら人と目があってしまう。自分を見てくる人間にイライラするし不快でたまらない

 

・人と話すと緊張で余裕がなくなり、しどろもどろ、挙動不審になる

 

・人の輪に溶け込めず悔しい。疎外感、孤独感を感じる

 

・楽しくしている人を見ると、それだけで劣等感と自己嫌悪を感じる

 

・人が笑っていると、自分のことを笑っているかもと被害妄想がひどくなる

 

・プライドが高いのに自己肯定感が低い。そのギャップで苦しんでいる

 

・仕事でも外出しても常に人の視線、視線、視線。落ち着ける場所ががどこにもない

 

・他者の視線に異常に恐怖を持ってしまい、最悪なほど落ち着かない、視線に引っ張られる

 

・自然に人と目を合わせて話せない。人生から自然さ、何も考えていない状態がなくなっている

 

・お店に行っても万引きを疑っているのではないか、変に思っているのではないかと考えてしまう

 

・外出したら、もしかしたら自分のことを誰かが見ているかもと、常に神経過敏になってクタクタに疲れてしまう


このような人目が怖い症状がありませんか?
多く当てはまっていると自己診断できる人ほど、視線恐怖症が強い人です。

この負のスパイラルを根本から断ち切れる方法を提供いたします。

 

自己正常化プログラム

(公式サイト。こちらから受けることができます)

https://www.mind-artist.com/neurosis/

 

 

誘導施術を体験した99.3%の方が岩波の施術レベルを高く評価して下さっています

これほど高度な次元の誘導技術は世界にも存在しません

※過去に受けられた心理療法士、カウンセリング、メンタルコーチ、精神科医や心療内科医等と比べた結果(303名にアンケート)。

一人も岩波の施術レベルが下回っていると答えた人はいませんでした。

人の目が怖い、人の視線が怖い症状を克服した人の体験談

人の目が怖い、人の視線が怖い症状を克服した人の成功事例と体験談を紹介

(30代 女性 対人恐怖・不安障害)
☆私の人生って何? なぜこんな目に私が…? 人生をかけた戦いに勝てました
 

多くの不安神経症と対人恐怖(赤面症、社会不安障害、あがり症)を発症していました。
発症は中学生で、ずっと15年以上悩んでいました。騙し騙し普通を装い、やっとのことで生きてきましたが、まわりの人がこんな労苦を必要とせずに普通に暮らせているのを見ると、暗く気持ちが落ち込でいました。

私の人生って何? なんでこんな目に合うの?

神経質で自意識過剰で人目に振り回され、プライドが高く、すぐしょげる、そしてずっと引っ張る…
これじゃ生きにくいのも無理は無いと自分でも思いますが、どうしても治せませんでした。

悩む事が癖になってしまい、くだらない悩みを自分で抱えてしまいほんと自己嫌悪でした。
傷つかないように生きてきましたが、それが疲れますし、そのくせすぐ傷ついてしまうのです。


でも、このままで終わりたくありませんでした! 
本格的な神経症になって多くのものを奪われてきました。
この症状がなければとどれほど悔しい思いをしてきたか…! 
30代に入りまだ悩んでいること、そして一生そんな思いをして生きていくのは嫌! 苦しんで惨めに生きていくのは嫌です!

私には大切な家族がいます。子供も幸せにしたい! 負担をかけてしまっている旦那さんにも愛を与えたい! 私も幸せに生きたい! 

だから自己正常化プログラムが最後の希望でした。
今まで多くの精神療法や薬で効果が出なかったため不安もありましたが、多くの人が克服されているのを見て、私も本当にあとに続きたかった。
もう犠牲を払って生きるのは嫌でしたから、自分でも努力しました。
過去は戻れないけれど、失ったものを未来で取り戻そうと強い決意を持ち続けました。

そして、実現できました。私の人生をかけた戦いに勝てました。
もちろん先生の心強いサポートのおかげなのは言うまでもありません。
でも、まだまだ人生の戦いは続きます。失ったものを数百倍にして、たくさんの感動を家族と一緒に味わっていきます!
 

 

(20代 大学院生 男性 正視恐怖症)

☆人の目を見て話せない…催眠や薬でも治らず…

 

16歳の時に、正視恐怖症になり、急に、人の目を見て話をすることが恐怖になりました。 それまでは、なんの意識もせずに、誰とでも目を見て話しができて、普通に楽しく会話を出来ていたんですが、突然、異常な意識が僕の視線にかかることで、相手に不快な思いをさせていることに恐怖を感じました。

実際に、友達は嫌な顔をしたり、こわばった顔をしたり、急に罪悪感というか申し訳無さを感じました。同時に、人の視線も怖くなり、それから、4,5年間、視線恐怖症と対人恐怖がなすすべなく悪化していきました。

 

催眠療法や向精神薬に頼ったものの、どれも効果が出ず、こちらに通う頃には、緊張と恐怖心のあまり、人とまともに話すことすらできなくなっていきました。挙動不審人間として陰口を叩かれるぐらいでした。

就職も働くことも絶対に無理だと諦め、院に進みました。将来、このままだと確実に終わること(もう終わってましたが)の不安で進退きわまっていた時に、無意識への技術の評判を知りました。

 

すごい技術力の高さにあっけにとられましたが、先生のご支援で早期に正視恐怖症を克服できました。

対人関係でも自信を取り戻し、就職も決まり、失ってきた時間をこれから奪還していこう思っています。先生がいなければ、人生が投了していたと思います。
 

 

(20代 会社員 女性 脇見恐怖症・自己視線恐怖症)
☆自己視線に脇見に正視恐怖症。人生を諦めていたのに…

 

☆お礼☆
自己視線恐怖症・脇目恐怖症克服の件では大変なご厄介になりました。
毎日が絶望の中生きなければならない運命だったのが、プログラムに参加できたことで(最初は劣等生でしたが)、症状もやわらいでいってやっと人並みに生きることを楽しめるようになりました。

何にも考えずに明るく生きていた頃の私を取り戻すことができました。
昔はどんな人とでも目を合わせて話せなかったから。


☆脇見恐怖と自己視線恐怖☆
自分の視界や視界の端っこでも一瞬でも人が入ると、相手を異常に意識して引っ張られてしまい、視線を向けてしまう、もしくは送っているのではないかという恐怖がありました。

そのせいで人が迷惑をしているし、その場に居れません。
逃げ出そうとしても無理な場合は眼をつぶるしか避ける手段がありませんでした。

自分では視線の焦点を黒板や教師などに合わせたいのに、どうしても視野に入る人が気になってしまい、自分の視線を意識から外すことできない。

人がこちらを見ていたり、見ているかもしれないと思うともっと気になってしまってどうしようもなくなる。
私が自分の意志と反して相手を見てしまっているかも、私の視線に気づいて迷惑しているのかも、最初は気づかなくても私の視線で嫌な気分を感じ始めるのではないか?という悩みがありました。

 

☆職場や日常でのきつい毎日

集中してパソコンに視線をやりたいけれど、向かいの人や隣の人や近づいてくる人に意識が無いてしまって、本当にきつかったです。

勝手に気になる対象の人を見ないようにしよう、意識しないようにしようと強く念じても、異様に肩こりや首が痛くなり、目がとても疲れました。
精神面も疲労感で一杯で、仕事が終わった後は何もやりたくないし、翌日の出勤を考えると死にたくなっていました。
普通に視線で送ったり振る舞おうとしても、無理をしてしまいどうしてもぎこちなくなり、相手から変に思われました。
そんな自分が嫌で抹殺したいくらい脇見恐怖や自己視線恐怖に人生をボロボロにさせられました。


電車でも美容室でもレストランでも人がいる限り私に落ち着いた時間はありませんでした。
視線恐怖になるまでは、視線のことなんて考えたこともなかったのに、常に人の視線、自分の視線のことしか考えられなくなりました。


人の何十倍も疲れてきって、死んだほうがマシだといつも考えざるを得ませんでした。視線恐怖で周りの人に迷惑をかけて申し訳なくなり、何度も会社を変えました。一年も仕事が続いたことがありません。
多くの脇見恐怖症の人がいることを悩んでから知りました。一刻も早く抜け出せることを心より祈っています。

 

 

(20代 大学院生 男性)
☆人の目を見て話せない…催眠や薬でも治らず…

 

16歳の時に、正視恐怖症になり、急に、人の目を見て話をすることが恐怖になりました。 それまでは、なんの意識もせずに、誰とでも目を見て話しができて、普通に楽しく会話を出来ていたんですが、突然、異常な意識が僕の視線にかかることで、相手に不快な思いをさせていることに恐怖を感じました。
実際に、友達は嫌な顔をしたり、こわばった顔をしたり、急に罪悪感というか申し訳無さを感じました。同時に、人の視線も怖くなり、それから、4,5年間、視線恐怖症と対人恐怖がなすすべなく悪化していきました。

催眠療法や向精神薬に頼ったものの、どれも効果が出ず、こちらに通う頃には、緊張と恐怖心のあまり、人とまともに話すことすらできなくなっていきました。挙動不審人間として陰口を叩かれるぐらいでした。
就職も働くことも絶対に無理だと諦め、院に進みました。将来、このままだと確実に終わること(もう終わってましたが)の不安で進退きわまっていた時に、無意識への技術の評判を知りました。

すごい技術力の高さにあっけにとられましたが、先生のご支援で早期に正視恐怖症を克服できました。
対人関係でも自信を取り戻し、就職も決まり、失ってきた時間をこれから奪還していこう思っています。先生がいなければ、人生が投了していたと思います。

 

当プログラムで視線恐怖症を克服した人の体験談はこちらに多数掲載
https://www.mind-artist.com/neurosis/#kansou4

人の目が怖い、人の視線が怖い方向け克服セッション概要

 

【心理脳内プログラム実施概要】

イベント名:人の目が怖い、人の視線が怖い方向け克服セッション

https://www.kokuchpro.com/event/gnophobia/

会場名:東京西新宿会場or大阪森ノ宮会場

奇数月は東京会場 偶数月は大阪会場開催
 

申し込み方法:下記メールフォームからが確実です

☆プログラムについてのお問い合わせはこちら

https://www.mind-artist.com/consult-contact/

お気軽にお問い合わせください
社会不安障害や視線恐怖症を克服し、岩波の技術に造詣の深い担当がお答えします。

 

Dream Art オフィシャルサイトはこちら

https://www.mind-artist.com/



Back to top button
Close
Close