アイキャッチ画像

年末年始に縁起のよい樽酒でお祝いを!リカーショップかまだは、昭和63年から続いている「年末恒例~日本酒の樽酒販売」を、今年も12月30日に行います。

2023年12月5日 15時

◆リカーショップかまだ(北海道空知郡上富良野町宮町1丁目1-30 代表取締役:鎌田孝徳)は、昭和63年から続いている「年末恒例~日本酒の樽酒販売」を、今年も12月30日に行います。杉樽の香りが清々しい蔵元直送の樽酒で、新年を祝いましょう!

◆リカーショップかまだ(北海道空知郡上富良野町宮町1丁目1-30 代表取締役:鎌田孝徳)は、昭和63年から続いている「年末恒例~日本酒の樽酒販売」を、今年も12月30日に行います。杉樽の香りが清々しい蔵元直送の樽酒で、新年を祝いましょう!

 

 

◆樽酒について

日本酒を美味しくして、おせち、魚介やお肉の旨みを膨らませる樽酒。しかし、今では特別なイベントの時にしか味わえなくなってしまいました。

そもそも江戸時代の頃は、お酒の輸送に樽が使われており、全ての日本酒は樽酒でした。時代とともにびん詰めが主流となり、樽酒は鏡開きなど特別なイベントの時のみとなりました。

樽酒の樽材に使用されているのは杉の木。

日本酒を樽で寝かせることで杉の木から移る香りと成分が、日本酒をさらに美味しくします。

爽やかな杉の香りが特徴の樽酒は、①口中の油を流しやすく、さっぱりとさせる効果があり②主に魚介類由来の旨みを膨らませ、料理の味を引き立てます。

つまり、美味しい料理を楽しむ機会の多い年末年始にピッタリのお酒です。

 

 

◆年末年始に樽酒をおススメする理由

①    縁起物でお正月にピッタリ~おせち料理との相性が抜群。お屠蘇としても楽しめます。

②    杉の香り~樽酒独特の杉の香りが、年配の人には懐かしく、若い人には新鮮に感じられます。

③    樽ごとの個性~樽ごとに個性があり、同じ樽酒は二つとありません。

④    軽快な味わい~木樽から溶け出した樹脂のおかげで、濃醇な味わいも軽快な味わいとなり飲み口の変化を楽しめます。

 

 

 

◆販売会概要

日時:令和5年12月30 日(土)午前9時より

場所:リカーショップかまだ(北海道空知郡上富良野町宮町1丁目1-30)

販売銘柄:・奥の松本醸造辛口(福島県) 1,630円

     ・大山辛口純米(山形県)   1,790円

     ・越の誉本醸造(新潟県)   1,580円

     ・のみくらべ3本セット     5,000円

(いずれも4合瓶、税込み価格)

 

 

◆昨年は予約だけで完売してしまうほど人気でした。今年は多めに準備しますが、ご予約いただくと確実です。

予約方法…電話(0167-45-2210)

 

 

◆リカーショップかまだは、一日の終わりに飲むと人生が豊かになる「人生の1日を豊かにする一杯」を提供します。

・季節のおいしい日本酒を楽しんでいただける販売イベントを、年間を通して開催しています。

・「家庭にいながら居酒屋気分!」生ビールサーバーの無料貸出を行っています。

・家族経営の小さなお店ですが、お客様に満足を感じていただき、気持ちよくお買い物していただけるように「ありがとう」の言葉をいただけるように心がけています。

 

 

◆この記事のお問い合わせは下記までお願いします。

(有)リカーショップかまだ
担当:鎌田孝徳

TEL:0167-45-2210

HP:https://kamifurano.com/

ブログ:https://kamifurano.com/category/blog/

営業時間:9:00~20:00

 



Back to top button
Close
Close