アイキャッチ画像

自由な個性が光る、障がい者芸術の世界を散策しながら鑑賞!「こころのアート展」の作品ポスター展が、レトロなビルが立ち並ぶお洒落スポット“神戸旧居留地”にて開催

2023年12月6日 17時

ソーシャルインクルージョンの実現を目指す総合福祉ゾーン「しあわせの村」で毎年開かれ、盛況となっている「こころのアート展」。展覧会を知ってもらう意味も込めて、今年も作品のポスターパネルを展示することとなりました。異国情緒あふれる街並みを散策しながら、障がい者アートの魅力に触れることのできる、またとないチャンスです。

障がいのある人たちの表現活動を支援し、その素晴らしさを広めている公益財団法人こうべ市民福祉振興協会(所在地:兵庫県神戸市、会長/代表理事:山本 泰生)が運営する「しあわせの村」(神戸市北区)は、2023年12月14日(木)から開催される障がい者アート展「第12回こころのアート展」に先駆け、作品のポスターパネルを神戸旧居留地にある協力企業の店舗ショーウィンドウにて12月6日(水)~12月20日(水)に展示いたします。

 

▼ 「こころのアート展」公式ウェブサイト:https://kokoroart2011.info/

 

 

■枠組みにとらわれない魅力にあふれる障がい者の作品を、個展形式で展示する「こころのアート展」

「こころのアート展」は、障がいを持つ方々の表現活動を支援し、その作品の素晴らしさを広く知ってもらいたいとの想いから始まりました。

 

会場となるのは、ソーシャルインクルージョンの実現を目指す総合福祉ゾーン「しあわせの村」です。兵庫県内の公募で選出された10名の作者が約10点ずつの作品を、個展形式で展示。個性豊かな作者の世界観を鑑賞できる希少な展覧会とあって、毎年盛況となっています。今年度は2023年12月14日(木)から2024年1月14日(日)まで開催する予定です。

 

 

■約150年前に神戸開港とともに誕生した、異国情緒あふれる神戸旧居留地は観光地としても有名

「こころのアート展」に先立ち、今年も告知を兼ねて作品のポスターパネルを展示することが決まりました。開催は今年度で4回目。神戸旧居留地協議会を始めとする、神戸旧居留地で経営している企業の協力のもと、各企業が運営する店舗のショーウィンドウに展示いたします。

 

神戸旧居留地は、今から約150年前、神戸開港とともに外国人のための住居や仕事場として造成されたエリア。大正から昭和にかけ建てられたレトロなビルが立ち並ぶ、神戸有数の観光スポットです。異国情緒あふれる街並みを散策しながら、一人ひとりの個性がキラリと光る芸術の世界に触れられる、またとないチャンスをお届けします。

 

 

■展示概要

(1)期間:2023年12月6日(水)~12月20日(水)*最終日は12時まで

(2)主催:(公財)こうべ市民福祉振興協会

(3)協力企業:神戸市立博物館、(株)日比谷花壇、高砂ビル、神戸ベルェベル美容専門学校、神戸信用金庫、(株)みなと銀行 本店、(株)三井住友銀行 神戸営業部、(株)三菱UFJ銀行 神戸支店、(株)三菱UFJ信託銀行 神戸支店、(株)大丸松坂屋百貨店 神戸店

(4)場所:上記(3)のうち、神戸市立博物館を除く協力企業9店舗のショーウィンドウ

 

 

【公益財団法人こうべ市民福祉振興協会について】

事務局所在地:〒651-1106 兵庫県神戸市北区しあわせの村1-1

代表者:会長/代表理事 山本 泰生

設立:1981年6月

電話番号:078-743-8190

URL:https://kobe-wa.or.jp/

事業内容:兵庫県神戸市の「神戸市民の福祉をまもる条例」(1977年1月制定)の理念に沿った「しあわせの村」の運営、健康に関する事業、介護保険関連事業ほか

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:(公財)こうべ市民福祉振興協会

担当者名:こころのアート展担当 山岡・加藤

TEL:078-743-8190

Email:kokoroart2011@shiawasenomura.org

配信先、日時を設定する



Back to top button
Close
Close