アイキャッチ画像

「性能向上リノベデザインアワード」で特別賞を受賞!断熱リフォームした築110年の古民家モデルハウス(茨城県取手市)で、リフォーム相談会を12月16日に実施

2023年12月8日 11時

地元に残る歴史ある建物などを、最新の技術・部材と熟練の職人技で、快適な住まいにリフォームすることで定評のある、住まい工房ナルシマ。相談会では、天井裏、壁、床など場所に合わせ最適な断熱材を効果的に活用した、冬は暖かく夏は涼しい建物を実際に体感することができます。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市などの県南地域、千葉県我孫子市・柏市で家づくりやリフォームを手がける株式会社住まい工房ナルシマ(本社:茨城県取手市、代表取締役:成島 大敬)は、2023年12月16日(土)、高性能の部材×大工の技術で暖かい家に生まれ変わる断熱リフォームの効果を体験でき、施主による生の声も聞くことができる、リフォーム相談会を開催いたします。

 

▼ 住まい工房ナルシマ|断熱リフォームご案内ページ

・公式Instagram:https://www.instagram.com/p/CmIep30L0zO/?img_ind

・公式サイト:https://www.narushimanoie.com/reform/reform01

 

▼12月2日付記事『12月16日(土)住まい工房ナルシマ「断熱リフォーム相談と実感・体験談かい」開催』(ウェブサイト「シンヴィング」):
https://www.thinving.net/housing-realestate/35893/

 

 

■地元に残る歴史ある建物などを、最新の技術・部材と熟練の職人技で、快適な住まいにリフォーム

住まい工房ナルシマの理念は、「地元の街で一所懸命」。地域に根差した家づくりを追求し、新規の注文住宅はもちろん、地元に残る歴史ある建物や空き家となった建物をより長く快適に使ってもらえるよう、リフォームにも力を入れています。

 

古い家は、暑さや寒さを防ぎきれず住みにくい、という声が多く聞かれますが、実は建物の構造さえしっかりしていれば快適な暮らしを取り戻すことは十分に可能です。その鍵を握るのが、進化し続ける建築技術と部材。そこに、住まい工房ナルシマが誇る熟練の職人の卓越した技が加わり、高い効果を発揮する断熱リフォームを提供することが可能となりました。

 

 

■場所に合わせ最適な断熱材を効果的に活用し、冬は暖かく夏は涼しい建物を実現

断熱リフォームに際しては、事前に断熱診断を行い家の状態を正確に把握。その上で、天井裏には断熱材を吹き込み、壁は古くなったグラスウールを除去してセルロース断熱材を吹き込みます。また、床は断熱パネルを敷き込み、さらに基礎の内側にウレタン断熱材を吹きつけることで冷気や湿気をしっかり防御。窓も、複層ガラスにしたり内窓を追加したりすることで、保温効果を大幅に高めます。

 

今回、リフォーム相談会の会場となるのは「MUNI」。築110年の住居兼材木商店に断熱リノベーションを施したモデルハウスで、「性能向上リノベデザインアワード2022」において特別賞に輝いています。燃料代の高騰が家計を圧迫する近年、寒い冬も暑い夏も快適に暮らせる断熱リフォームを実際に体感できるまたとないチャンスです。

 

 

■リフォーム相談会開催概要

日時:2023年12月16日(土)10:00~12:00

場所:株式会社住まい工房ナルシマ本社(MUKU)

住所:茨城県取手市駒場2丁目14-12

内容:断熱リフォーム相談と実感・体験談会

*実際に断熱リフォームをした施主の方からのお話も聞くことができます

申込方法:https://www.narushimanoie.com/info/event/20231129-7165

参加費:無料

 

 

【株式会社住まい工房ナルシマについて】

本社:〒302-0027 茨城県取手市駒場2丁目14-12

代表者:代表取締役 成島 大敬

設立:1993年

電話番号:0297-73-6911(代表)

URL:https://www.narushimanoie.com/

事業内容:注文住宅の設計・施工・アフターメンテナンス、住宅のリフォーム・リノベーション、不動産事業ほか

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社住まい工房ナルシマ

担当者名:相澤 真希

TEL:0120-885-119

Email:info@narushimanoie.com

 



Back to top button
Close
Close