アイキャッチ画像

自殺念慮・自傷行為に対する画期的な治療開始:ケタミンクリニック in 名古屋麻酔

2023年12月8日 10時

名古屋麻酔科クリニックはこれまでに、うつ病、強迫性障害、PTSDに対してケタミン点滴療法を提供してきました。このたび、当院ケタミンクリニックではケタミン療法の適応を拡大し、自殺念慮に対するケタミン治療を開始しました。生きる中での人々の痛みや苦しみを少しでも減らしたいという思いから、15年前に麻酔科(ペインクリニック)および心療内科として当院はスタートしました。その後も、個人の苦しみは社会の歪み、苦しみと関連すると捉え、その問題点や解決策を考えつづけています。

名古屋麻酔科クリニック(https://nagoyamasui.com/)はこれまでに、うつ病、強迫性障害、PTSDに対してケタミン点滴療法を提供してきました。このたび、当院ケタミンクリニックではケタミン療法の適応を拡大し、自殺念慮に対するケタミン治療を開始しました。生きる中での人々の痛みや苦しみを少しでも減らしたいという思いから、15年前に麻酔科(ペインクリニック)および心療内科として当院はスタートしました。その後も、個人の苦しみは社会の歪み、苦しみと関連すると捉え、その問題点や解決策を考えつづけています。当院では当初からケタミン療法を行っており、これまでに1300回以上のケタミン点滴の実績があります。また、海外でも例を見ないケタミン療法も提供しており、頸部硬膜外ブロック併用ケタミン療法(300例以上)や、催眠療法併用ケタミン療法などがあります。さらに、名古屋麻酔科クリニックではケタミン療法以外にも、肩こりに対するエコーガイド下ボトックス治療やテニス肘に対するエコーガイド下PRP治療なども行っています。

 

 【自殺念慮とケタミン療法について】

2022年には、21,881人の日本人が自殺で亡くなりました。WHOが「自殺はその多くが防ぐことのできる社会的な問題である」と述べ、自殺は社会の努力によって「避けることのできる死」であるとの共通認識が広がっています。ケタミンは、うつ病患者への効果だけでなく、急性の自殺念慮のある患者を助ける研究結果も多く報告されています。その一部を抜粋します。

① BMJ(2022)に掲載された二重盲検ランダム化プラセボ対照試験では、自殺念慮の強い急性期治療において、ケタミンが効果を示しました。ケタミン群では、プラセボ群よりも3日目に自殺念慮の完全寛解に達した参加者が多く、副作用は限定的で、精神的苦痛をやわらげる効果も確認されました。この研究は、ケタミンが迅速で安全であり、自殺念慮のある患者の急性期治療に持続的な利点があることを示しています。

② The Journal of Clinical Psychiatry(2022)の研究では、治療抵抗性うつ病や自殺念慮に対するケタミンの効果が示されました。患者のうつ病症状が50%の奏効率や20%の寛解率を達成し、治療において大きな進歩が見られました。治療にはケタミンの一連の点滴が含まれ、15回の注入後に自殺念慮を持つ患者の85%が完全に解消されました。

③ Journal of Clinical Psychiatry(2021)の研究では、ケタミンが1回投与されると、自殺念慮のある患者のうつ病症状が軽減され、自殺願望が急速に低減したことが示されました。この効果は認知機能の改善とも関連しており、安全性が確認されました。ケタミンが効果的に神経認知能力を向上させ、自殺念慮を減少させると結論しています。
「より明確に考えることができるようになると、自殺願望が薄れる可能性があります」とも述べられています。

 

 【ケタミンについて、その危険性、依存性について】

ケタミンは、50年以上の歴史を持つ広く使われている全身麻酔薬で、最近では精神障害や慢性疼痛の治療にも使われてきました。症状の軽減に時間がかかる従来の薬とは異なり、ケタミンは投与後数時間から最長3週間以内に急速な緩和をもたらします。さらに、長期的な副作用も少なく、有望な治療法であるとされています。

ケタミンは、2007年以来、日本では麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定されており、乱用が問題視されています。一時期は「K」や「スペシャルK」として知られ、幻覚作用があることからクラブでの流通も見られました。

乱用者は平均20日/月以上使用すると抑うつ状態が増加し、記憶力低下が見られる一方で、低頻度で使用した者や過去使用者では差がないとされています。

ケタミンは中毒性があり得ますが、専門的に監視された注入の設定ではほとんど中毒の可能性がなく、医療処置や手術において安全に使用されています。ケタミンの依存の可能性はニコチンやアルコールよりも低いとされ、モルヒネ等の医療麻薬と比較しても低い水準であるとされています。

中毒を防ぐためには、低用量のケタミンをゆっくり注入し、監視された安全な環境で医療提供者の監視下に置くことが重要です。メンタル疾患治療の一環として使用される場合、ケタミンには中毒性がないように配慮され、患者の安全が確保されます。

 

 【ケタミン療法の適応について】

ケタミンは、麻酔薬としての従来の臨床使用を超えて、他の症状の治療においても良好な結果を示すことが増えています。

A. ケタミンが非常に効果的であることを示す実質的な研究データと臨床データがあります。

・うつ病
・自殺念慮
・重度の PTSD

B. ケタミンが効果的であることを示す多くの研究論文と臨床データがあります。

・重度の不安障害
・重度の双極性障害
・薬物依存症のリハビリテーション
・神経因性疼痛
・CRPSまたはRSD
・がん性疼痛症候群
・幻肢痛

C. 十分な臨床証拠があるが、ケタミンが以下の最悪の症状を緩和するのに効果的であると思われることを示す研究論文はあまりありません。

・線維筋痛症
・三叉神経痛
・重度のOCD
・帯状疱疹後神経痛
・糖尿病性神経障害
・脳卒中または外傷に関連する中枢性疼痛症候群
D. ケタミンが症状の軽減に効果がある可能性があることを示す論文と臨床経験が限られています。

・慢性骨盤痛
・脊髄損傷の痛み
・多発性硬化症の痛み
・摂食障害(拒食症、過食症など)
・社会不安障害
・自閉症スペクトラム障害の社会性およびうつ病の症状(また、言語化が増加し、常同行動や抵抗行動が減少する可能性もあります)
・パーキンソン病とアルツハイマー病のうつ病と記憶力低下に

ケタミン療法が良いこと、または良い可能性があることのリストは驚くほど多いです。ケタミン療法には神経系に独特の効果があり、多くの病気に効果をもたらします。研究者や臨床医は、さまざまな適応症に対するこの薬の最適な使用法と最も適切なプロトコルを定めようとしています。過去の数多くのケタミン治療経験と、適切な訓練を受けた医師が、また使用する上でこの薬の十分な情報を熟知しているからこそ、安心して治療を受けることができます。


 【ケタミンクリニックについて】

名古屋麻酔科クリニックでは、さまざまな痛みや精神疾患に対するケタミン点滴の豊富な経験や知識を生かし、ケタミンクリニックを行っています。ケタミン点滴はまず2~3週間に6回まで集中治療として点滴を受けることができます。1回目で効果がなくても、2回目、3回目で効果が出ることがよくあるので、少なくとも3回はケタミン点滴を試してみることを勧めています。はじめの集中治療のあとは、月に1回の維持療法を行うことができます。継続しても長期的な副作用が少ないことで知られています。

名古屋麻酔科クリニックは、2023年12月より、当院のケタミン療法において自殺念慮、自傷行為の適応を拡大しました。治療に窮している患者さんに革新的な治療を提供することを目指します。同クリニックは、ケタミン点滴の豊富な経験をもとに、画期的でエビデンスに基づいたアプローチで、治療抵抗性の症状に悩む患者さんをサポートします。

 


名古屋麻酔クリニック「ケタミンクリニック」案内ページ:

https://nagoyamasui.com/ketamine  

 

首こりボトックス」案内ページ:  

https://nagoyamasui.com/botox  

 

テニス肘PRP療法」案内ページ:  

https://nagoyamasui.com/prp  



Back to top button
Close
Close