アイキャッチ画像

不動産市場特化型SaaSのいい生活、電子帳簿保存法に完全対応のJIIMA認証取得SaaSを販売開始~低コストで電帳法改正に対応し不動産業界のDXを後押し~

2024年2月9日 10時

 不動産市場のDXを推進するバーティカルSaaSを開発、提供する株式会社いい生活(東京都港区、代表取締役社長 CEO:前野 善一、東証スタンダード:3796、以下:いい生活)は、電子帳簿保存法完全対応のJIIMA認証取得SaaS「ClimberCloud 」(※1) の販売を開始したことをお知らせします。不動産会社はClimberCloudを活用することで、低コストで電子帳簿保存法に完全対応したシステムを導入できます。また、タイムスタンプ付のウェブ請求書を発行することが可能となり、郵送費用のコスト削減および郵送対応作業の削減による業務効率化を実現することが可能となります。

■   リリースの背景

 2023年10月のインボイス制度開始や、2024年1月から「電子取引のデータ保存」の完全義務化など、昨今請求書や契約書の情報をデジタルで適切に発行および管理することがますます重要になっています。しかし、中小企業も多い不動産業界においてウェブ請求書発行ツールの導入および維持にかかるコストが重荷になることが課題となっています。

このような時代の流れを受け、いい生活ではより多くの不動産会社がより手軽にウェブでの請求書発行が可能となるよう、JIIMA認証を取得した電子帳簿保存法完全対応のSaaS「ClimberCloud」の販売を開始するに至りました。

 

■   「ClimberCloud」の特徴

・JIIMA認証取得

ClimberCloudはJIIMAが認証する「電子帳簿ソフト法的要件認証」および「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」の双方を取得した電子帳簿保存法に対応したツールです。

請求書ウェブ発行、受領書類保存等が可能でタイムスタンプ機能も標準装備しており、多機能なツールであるため、電子帳簿保存法対応のために別途ツールを導入する必要はありません。そのため電子帳簿保存法への対応への手間の軽減を実現します。

 

・Peppol規格準拠

ClimberCloud は国際規格「Peppol(ペポル)」に準拠し、デジタルインボイスにも対応しています。Peppolは幅広い企業が低コストで電子インボイスを導入および利用ができるようになり、国内だけではなく、海外企業との取引にもスムーズに対応できるようになると期待されています。

書類郵送対応の工数削減による生産性の向上や、毎月多くの請求書を発行して郵便料金の値上げへの対応が迫られる不動産業界において、ClimberCloud を利用してウェブ請求書を発行することで、今後さらに普及することが予想されるデジタルインボイスへの対応もスムーズに行うことが可能となります。

 

・クラウド上で一元管理

クラウドサービスのため、大規模なシステム導入やサーバ環境の構築は一切不要です。また、導入後も常に最新版を利用でき、法改正にも対応しています。

さらに、国税関係帳簿や書類を始めとした電子取引に関するデータを取引先の利用サービスに依存せず、ClimberCloud上で一元管理することが可能です。

 

・低コスト

1通20.9円~(ウェブ請求月間1,000通の場合)ご利用いただけるプラン設定で、郵送費用よりも低コストでタイムスタンプ付のウェブ請求書を発行することが可能なサービスです。さらにユーザー数による課金モデルではないため、費用がネックとなり電子請求書発行ツールの導入を見送っていた不動産会社にとって、低コストでサービスの導入・維持が可能となります。

早ければ2024年秋以降に、30年振りに封書の郵便料金を引き上げる案を総務省が公表する (※2) など、不動産会社が見舞われるであろうコスト増に対し、ClimberCloudを利用することでコストカットを実現します。

 

・手間の削減

郵送対応が無くなることで、郵送費用のみならず、封入作業や保管作業も無くなり全体的な手間の削減効果が望めます。

(※1) ClimberCloud®は、株式会社NTTデータビジネスブレインズの登録商標です。

(※2) 『郵便法施行規則の一部を改正する省令案及び民間事業者による信書の送達に関する法律施行規則の一部を改正する省令案』

https://www.soumu.go.jp/main_content/000917847.pdf

 

NTTデータビジネスブレインズについて http://www.nttd-bb.com/

·     商       号:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ

·     所  在  地:東京都港区芝公園2丁目4番1号 芝パークビルA館14階

·  代表取締役社長:時吉 誠

·     設       立:2003年9月1日

·     事業内容:情報システムに関する企画、開発、運用、教育並びにコンサルティング

 

·  いい生活について https://www.e-seikatsu.info/

 いい生活は「テクノロジーと心で、たくさんのいい生活を」をミッションに掲げ、不動産業務クラウドサービス、不動産プラットフォームサービス提供する「不動産テック」企業です。不動産市場の未来を切り拓くクラウド・SaaSで巨大な不動産市場のDXを力強く推進しています。

·     商       号:株式会社いい生活

·     所  在  地:東京都港区南麻布五丁目2番32号

·     設       立:2000年1月21日

·     資  本  金:628,411,540円(2023年3月末現在)

·     事業内容:不動産市場向けSaaSの開発・提供

·     公式 note:当社のプロダクト開発体制や使用技術については、公式note のエンジニアインタビューもぜひご覧ください。

『「日管協フォーラム2023」にスポンサー企業として参加しました!』

https://note.e-seikatsu.info/n/n7ef550211b82

 



Back to top button
Close
Close