アイキャッチ画像

東芝テック、量販本部クラウドシステム「KX-1」を発売~本部システムをクラウドサービスで提供~

2024年2月6日 17時

東芝テック株式会社は、量販店における本部業務をトータルサポートする本部総合情報システムとして、量販本部クラウドシステム「KX-1」を2024年4月より発売します。「KX-1」は東芝テックがこれまでに培ってきた量販店向け本部システムのノウハウを活かして開発されたクラウドサービスです。量販店における商品管理、発注管理、仕入管理、在庫管理、買掛管理、分析機能などの本部業務をユーザーのニーズに合わせてサポートします。本システムは、2月14日から16日に幕張メッセにて開催される『スーパーマーケット・トレードショー2024』および3月12日から15日に東京ビッグサイトにて開催される『リテールテックJAPAN 2024』の東芝テックブースに出展します。

 東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織弘信、以下「東芝テック」)は、量販店における本部業務をトータルサポートする本部総合情報システムとして、量販本部クラウドシステム「KX-1」を2024年4月より発売します。

なお本システムは、2月14日から16日に幕張メッセにて開催される『スーパーマーケット・トレードショー2024』および3月12日から15日に東京ビッグサイトにて開催される『リテールテックJAPAN 2024』の東芝テックブースに出展します。

 日本では人手不足が深刻な社会問題であり、業務効率化の推進が急務となっています。小売業界では従業員が商品の在庫管理や販売データの処理といった多種多様な作業を行っており、業務の効率化が求められています。このような課題を解決するために、量販本部クラウドシステム「KX-1」を開発しました。

 「KX-1」は東芝テックがこれまでに培ってきた量販店向け本部システムのノウハウを活かして開発されたクラウドサービスです。量販店における商品管理、発注管理、仕入管理、在庫管理、買掛管理、分析機能などの本部業務をユーザーのニーズに合わせてサポートします。

 東芝テックはさまざまな現場での業務効率化を目指し、DX化を推進する製品やサービスの提供を進めてまいります。

<「KX-1」の特長> 

1.  クラウドサービスとして導入が可能
 専用サーバの設置が不要なため、初期費用を抑えた導入が可能です。また、インターネットに接続されていれば外出先からも「KX-1」へアクセスできるため、場所を選ばず柔軟に使用することが可能です。

 

2.  各種機能をサブパッケージとして提供
 店舗の運用に合わせて、必要な業務を選択して利用できます。ユーザーのニーズに合わせて使用する機能のカスタマイズが可能なため、業務の最適化と効率化を実現します。

「KX-1」で利用できる機能

3.  EDIシステムとの連携

 取引先とのデータ(発注、出荷、受領、支払)のやり取りをシステム化することで本部業務を効率化します。

<「KX-1」の発売概要> 

◇商品名           : 量販本部クラウドシステム「KX-1」

◇発売日           : 2024年4月

◇料金体系        : 月額制

◇発売地域        : 全国

◇販売ターゲット:量販店



 



Back to top button
Close
Close