アイキャッチ画像

世界的に存在感を増す注目ワイン産地!!モトックス24か国目の取り扱い国「ウルグアイ」より「ボデガ ボウサ」など4社計11銘柄取り扱い開始

2024年2月9日 17時

株式会社モトックスは、この度、24か国目の取り扱い国となる「ウルグアイ」ワインの取り扱いを開始しました。注目の若手自然派生産者「プロジェクト・ナッカル」、ウルグアイでいち早く自然なワイン造りを実践してきたパイオニア的存在の「セロ・チャペウ」、100年を超える歴史を誇るウルグアイの名家「ピッソルノ・ファミリー・エステイツ」、ウルグアイで初めてアルバリーニョを栽培し、現在のウルグアイの主力品種にまで育て上げたウルグアイワイン品質向上の立役者「ボデガ ボウサ」の4社計11銘柄が入荷しました。

1915年創業の酒類専門商社、株式会社モトックス(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:寺西 太亮)は、2024年1月22日より、ウルグアイのワイナリー「プロジェクト・ナッカル」、「セロ・チャペウ」、「ピッソルノ・ファミリー・エステイツ」、「ボデガ ボウサ」の取り扱いを開始いたしました。ウルグアイはモトックス24か国目の取り扱い国です。

 

▼プロジェクト・ナッカル ワイナリー紹介ページ:https://www.mottox.co.jp/producer/winery/002293

▼セロ・チャペウ ワイナリー紹介ページ:https://www.mottox.co.jp/producer/winery/002294

▼ピッソルノ・ファミリー・エステイツ ワイナリー紹介ページ:https://www.mottox.co.jp/producer/winery/002300

▼ボデガ ボウサ ワイナリー紹介ページ:https://www.mottox.co.jp/producer/winery/002309

 

■ウルグアイで注目の若手自然派生産者「プロジェクト・ナッカル」

2020年にウルグアイの若手のワインメーカー、サンティアゴ・デガスペリ氏とニコラス・モンフォルテ氏の二人が設立した自然派ワイナリー。二人はワイン学を大学で共に学びながら、別々のワイナリーで経験を積んでいましたが、ナチュラルなワイン造りを実践したいという想いを持ち続け、小さなプロジェクトを始めました。有機栽培されたブドウのみ(認証なし)を使用して自分達が本当に造りたいワインを造るべく当初はたった3000本のみの生産量でしたが、現在は3万本まで生産量を伸ばし、ブラジルやアメリカ、イギリスなど多数の国へ輸出を行い、高い評価を得ています。

 

■ウルグアイで早くから自然なワイン造りを実践してきたパイオニア的存在「セロ・チャペウ」

セロ・チャペウの歴史は1752年にフランシスコ・カラウ・ヴェヒルス氏がスペイン・カタルーニャでワイン造りを行ったことから始まります。1930年からはウルグアイに移住してワイン造りを続け、10世代以上に亘り、ワイン造りに情熱を捧げてきた家族経営のワイナリーです。

ブラジル国境のリベラの地で、人的介入を抑えたワイン造りを行うセロ・チャペウは、ワイナリーやセラードアで電気・水の使用を抑える取り組みなど、サステナブルな活動も積極的に取り入れています。

 

■ウルグアイの銘醸地「カネロネス」の名家として3代続く家族経営のワイナリー「ピッソルノ・ファミリー・エステイツ」

1910年にイタリア系移民のドン・プロスペロ・ジョゼ・ピッソルノ氏がブドウ畑を開墾したことがワイナリーの始まりです。

100年にわたる歴史を持つピッソルノ・ファミリー・エステイツのワインは、評価誌で多くの高評価を獲得しています。そのワイン達は世界のワインバイヤーの目にも留まり現在では12か国以上へワインの輸出を行っています。近年はマセラシオン・カルボニックなど、世界のトレンドを取り入れた個性的なワイン造りにも熱心に取り組んでいます。

 

■ウルグアイのトップ・ランナー!モンテビデオの銘醸ワイナリー「ボデガ ボウサ」

ボデガ ボウサは1998年にカネロネスで、樹齢35年のブドウ畑を購入したことから始まりました。オーナーのエリサ氏とファン・ボウサ氏はワインメーカーのエドゥアルド・ボイド氏と共に、テロワールを反映させた最高品質のワインを造ることを目指してプロジェクトを開始。

2001年にモンテビデオで新たなブドウ畑を取得、そこには1950年~60年代に使われていた古い小さな醸造施設があり、そのサイズ感は彼らのプロジェクトの目的である『少量生産で高品質なワインを造る』ことに最適でした。同年にはスペイン ガリシア地方にルーツがあるボウサ家にちなんで、ウルグアイで初めてアルバリーニョを栽培。これがウルグアイの温暖気候に見事にフィットし、現在ではウルグアイの主力品種にまで登り詰めることとなります。ウルグアイワインの品質向上の立役者でもあるワイナリーです。

 

■商品情報

プロジェクト・ナッカル

<シンプル ペット・ナット ブランコ 2022>

・産地:ウルグアイ カネロネス県

・ブドウ品種:ミュスカ・オットネル100%

・醗酵:コンクリートタンク(アンセストラル方式)

・熟成:瓶熟6か月

・アルコール度数:9.6%

・味のタイプ:白弱発泡 辛口

・品番:620205

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:3,050円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

ジャスミンのような甘いお花や柑橘系のアロマ。軽やかな泡立ちとフレッシュな酸、澱由来の旨味を感じる果実味が心地よく続きます。

 

<ナッククール ヴィーノ ブランコ 2023>

・産地:ウルグアイ カネロネス県

・ブドウ品種:ミュスカ・オットネル80%、トレッビアーノ15%、ヴィオニエ5%

・醗酵:コンクリートタンク(ミュスカ・オットネルは15日間醸し、残りはダイレクトプレス)

・熟成:コンクリートタンク4か月

・アルコール度数:10.3%

・味のタイプ:白 辛口

・品番:620206

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,400円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

白い花や白桃のような香りにやや白コショウなどスパイスのニュアンスを感じます。キレイな酸と柑橘系の果実がフレッシュな印象を与えます。低アルコールで飲みやすいのが特徴です。

 

<ナッククール ヴィーノ ティント 2023>

・産地:ウルグアイ カネロネス県

・ブドウ品種:メルロー80%、ミュスカ・オットネル20%

・醗酵:コンクリートタンク(メルロー5日間・ミュスカ・オットネル10日間マセラシオン)

・熟成:コンクリートタンク4か月

・アルコール度数:11.3%

・味のタイプ:赤 ミディアムボディ

・品番:620207

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,400円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

赤果実やスミレのようなアロマに白ブドウ由来の柑橘系のニュアンス。キレのある酸とチャーミングな果実味のバランスが良く、飲み心地の良いワインです。

 

セロ・チャペウ

<フロクローレ ペット・ナット 2023>

・産地:ウルグアイ リベラ県

・ブドウ品種:トレッビアーノ80%、マルヴァジーア20%

・醗酵:ステンレスタンク(3時間浸漬/アンセストラル方式)

・熟成:瓶熟4か月

・残糖:1.5g/L

・アルコール度数:13%

・味のタイプ:白弱発泡 辛口

・品番:620208

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,950円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

薄濁りのペット・ナット。リンゴやレモン、アニスのアロマを感じます。シャープな酸味とジューシーな果実味、爽やかな味わいが特徴です。

 

<フロクローレ ブランコ 2023>

・産地:ウルグアイ リベラ県

・ブドウ品種:トレッビアーノ70%、マルヴァジーア30%

・醗酵:ステンレスタンク

・熟成:ステンレスタンク6か月

・アルコール度数:12.8%

・味のタイプ:白 辛口

・品番:620209

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,500円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

スライスした洋ナシに緑茶やアニスのアロマ。ミディアムボディでフレッシュでクリーンな酸にジューシーな味わい。余韻の長いフィニッシュが特徴です。

 

<フロクローレ ナランハ 2023>

・産地:ウルグアイ リベラ県

・ブドウ品種:トレッビアーノ90%、プティ・マンサン10%

・醗酵:ステンレスタンク(プレス後のプティ・マンサンを入れて90日間醸す/MLF有)

・熟成:ステンレスタンク3か月

・アルコール度数:12.6%

・味のタイプ:オレンジ 辛口

・品番:620214

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,700円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

フレッシュな口あたりとミネラルが調和したバランスの良い味わい。旨味と甘味を感じる果実味と滑らかなタンニンで余韻が伸びて長く続きます。

 

<フロクローレ ティント 2023>

・産地:ウルグアイ リベラ県

・ブドウ品種:タナ80%、プティ・マンサン20%

・醗酵:ステンレスタンク(プレス後のプティ・マンサンを入れて10日間タナと一緒に醸す/MLF有)

・熟成:フレンチオーク樽3か月(2年目の樽)

・アルコール度数:13.5%

・味のタイプ:赤 ミディアムボディ

・品番:620211

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,500円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

黒果実やドライフラワーがトップノーズにあり、スパイスやアーシーな印象もありながら、フレッシュで香り高い赤ワインです。

 

ピッソルノ・ファミリー・エステイツ

<マユスクラス アルバリーニョ 2023>

・産地:ウルグアイ カネロネス県

・ブドウ品種:アルバリーニョ100%

・土壌:花崗岩を含む堆積土壌

・平均樹齢:6年

・醗酵:ステンレスタンク

・熟成:ステンレスタンク6か月

・アルコール度数:12.5%

・味のタイプ:白 辛口

・品番:620217

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,450円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

青リンゴやハーブを連想させるアロマ。口に含むと、ライムなどの柑橘類やトロピカルフルーツの果実が広がり、非常にフレッシュで、高い酸味と塩味を感じるミネラルが余韻に残ります。

 

<マユスクラス タナ マセラシオン・カルボニック 2023>

・産地:ウルグアイ カネロネス県

・ブドウ品種:タナ100%

・土壌:花崗岩を含む堆積土壌

・平均樹齢:25年

・醗酵:コンクリートタンク(マセラシオン・カルボニック/MLF有)

・熟成:コンクリートタンク

・アルコール度数:12.5%

・味のタイプ:赤 ミディアムボディ

・品番:620216

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:2,500円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

ルビー・レッドの色調でイチゴやラズベリーなどの赤果実にバナナのようなアロマのニュアンスも感じます。フレッシュな酸と口当たりの良い滑らかな味わいで飲み飽きしない赤ワインです。

 

ボデガ ボウサ

<ボウサ アルバリーニョ 2023>

・産地:ウルグアイ モンテビデオ県

・ブドウ品種:アルバリーニョ100%

・樹齢:17年

・醗酵:25%は4時間果皮浸漬。ステンレスタンク90%とフレンチオーク10%(野生酵母醗酵/MLF有)

・熟成:ステンレスタンクとフレンチオーク それぞれ4か月

・アルコール度数:13.5%

・味のタイプ:白 辛口

・品番:620219

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:4,750円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

白い花にレモンの皮など柑橘系のアロマが広がります。フレッシュな酸とキレイな果実味がアタックに感じられ、塩味を伴うミネラル感が余韻に長く残ります。

 

<ボウサ タナ 2021>

・産地:ウルグアイ モンテビデオ県

・ブドウ品種:タナ100%

・樹齢:19年

・醗酵:開放式タンク(ステンレス80%、オーク10%、コンクリート10%/野生酵母醗酵/MLF有)

・熟成:オーク樽16か月(新樽25%/フランス産・アメリカ産)

・アルコール度数:14%

・味のタイプ:赤 フルボディ

・品番:620222

・容量・入数:750ml×12

・希望小売価格:4,900円(税別)

・発売時期:2024年1月22日

コメント

濃厚な赤の色調。チェリーやカシスの香りにカリンのニュアンス。しっかりした黒果実と収斂された細かいタンニンがワインに溶け込み、バランスの取れた味わいです。

 

 

​【株式会社モトックスについて】

株式会社モトックスは、1915年創業の酒類専門商社です。“Value & Quality”というコンセプトを掲げ、世界各地の生産者の歴史や想い、産地の特性や文化が詰まっている選りすぐりの商品を取り扱っています。世界24か国のワインや食品、国内では全国の素晴らしい蔵元の日本酒・焼酎・泡盛といった和酒を適正価格でお客様へお届けし、日本の食文化向上の発展に取り組んでいます。

 

本社:〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20

代表者:代表取締役社長 寺西 太亮

設立:1954年3月(創業:1915年9月)

事業内容:酒類専門商社(輸入ワイン、全国地方銘酒・焼酎・泡盛)

電話番号:06-6723-3131(代表)

URL:https://www.mottox.co.jp

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社モトックス

TEL:0120-344101

 



Back to top button
Close
Close