アイキャッチ画像

新刊【経営学概論 ~AIと学者が織り成す未来の教科書 】『ホリエモン出版』より8作目が4月1日(月)に発売!!!

2024年4月1日 9時

IT Supportパソコン太郎は、自社レーベル『ホリエモン出版』より【経営学概論 −AIと学者が織り成す未来の教科書−】を4月1日に発売します。本書は、AI技術と学界の専門知識を融合させた、画期的な『新教科書』です。経営学の基礎から先進的なトピックまでを包括的に扱い、AIの経営への応用、ビジネス倫理、危機管理など、現代ビジネスが直面する複雑な課題に対する深い洞察を提供します。著者は、AIと人間が協力することで、より高品質でパーソナライズされた教育体験を生み出せると主張し、これらの技術が如何に教育界とビジネス界に革新をもたらすかを探求しています。この教科書は、AIと経営学の未来に関心を持つ学生、教育者、経営者にとって、未来のビジネスリーダーを育成するための不可欠なリソースとなることでしょう。

本書は、AIと学者の協働により執筆された革新的な教科書です。

この本は、経営学の基本から始まり、組織の構造、リーダーシップ、戦略的計画、マーケティング、財務管理、オペレーション、人材管理、イノベーション、グローバルビジネス、情報技術、ビジネス倫理、危機管理、そしてAIの経営への応用に至るまで、経営学のあらゆる側面を網羅しています。

序章では、AIとその教育への応用に関する著者の所感が語られ、AIが教育においてどのように役立つか、また教育者がどのようにしてAIを最大限に活用すべきかについての洞察が提供されています。特に、AIと人間の教員がどのように協働して、より質の高い、パーソナライズされた教育を提供できるかが強調されています。

各章は、経営学の重要なトピックを詳細に扱い、理論的な枠組みから実践的な応用、未来への展望までをカバーしています。第14章では、AI技術の経営への応用、AIの倫理的・社会的課題、そしてAIの未来と経営者への影響に焦点を当て、読者にAIの経営における可能性と挑戦に関する示唆を与えています。

終章では、AIの進化が教育と社会にもたらす変化について再考し、教育者、学生、そして社会全体がどのようにしてこれらの変化に適応し、利益を得ることができるかについての展望を提供しています。

この本は、AIと経営学の交差点に興味を持つ学生、教育者、そして経営者にとって、貴重なリソースです。AIの進化を理解し、それを経営に応用することの意味を深く探求することで、読者は未来のビジネス環境において成功するための知識とスキルを身につけることができます。この未来を共に探究し、新しい知識の世界への第一歩を踏み出すために、ぜひ手にとって読んでみてください。

本書は、kindleで販売中となっております。

Kindle 商品ページ

https://amzn.asia/d/cr75fd9

 

著者紹介
土屋 翔(つちや しょう)
1988年 静岡県生まれ
神奈川大学大学院経営学研究科博士後期過程修了 博士(経営学)
新潟国際情報大学 経営情報学部経営学科 専任講師を経て、現在、
宇都宮大学 データサイエンス経営学部 准教授。

専門 経営学、組織論、地域活性化
新潟勤務時代に、理論を実践する会社を起業。
他にも、トータルマネジメント会社を設立準備中。

連絡先 tsuchiya@a.utsunomiya-u.ac.jp
 

タイトル:【経営学概論 ~AIと学者が織り成す未来の教科書 】

著者:土屋 翔

表紙デザイン:パソコン絵美太

出版社:ホリエモン出版

 

経営学概論 目次
−AIと学者が織り成す未来の教科書−
序章  1
第1節 AIに関する所感
第2節 大学教育に関する所感
第3節 大学教員に関する所感
第1章 経営学の基礎 
第1節 産業革命と経営学
第2節 主な経営理論の系譜
第3節 現代の経営理論
第2章 組織における構造と文化 
第1節 組織とは何か 
第2節 組織構造
第3節 組織文化
第3章 リーダーシップと管理 
第1節 理論的展開
第2節 実践的展開
第3節 未来的展望
第4章 戦略的計画と意思決定 
第1節 環境分析と戦略的適応
第2節 戦略的目標の設定と実行
第3節 戦略的意思決定の評価と改善
第5章 マーケティングの基本 
第1節 市場分析
第2節 製品開発
第3節 ブランディング
第6章 財務管理と会計 
第1節 財務報告の原則と実践
第2節 予算策定と財務計画
第3節 内部統制とリスク管理
第7章 オペレーションとサプライチェーン管理
第1節 持続可能性とサプライチェーンの最適化
第2節 デジタルトランスフォーメーションとサプライチェーン管理
第3節 リスク管理とサプライチェーンの弾力性
第8章 人材管理と組織行動 
第1節 多様性とインクルージョン経営への影響
第2節 リモートワークと組織文化
第3節 リーダーシップと従業員のエンゲージメント
第9章 イノベーションと起業家精神 
第1節 イノベーションの理論と実践
第2節 起業家精神とリスク管理

第3節 持続可能性と社会的責任
第10章 グローバルビジネスと文化間管理 
第1節 文化的多様性と組織内コミュニケーション
第2節 マーケティング戦略
第3節 企業倫理と社会的責任   
第11章 情報技術とデジタル変革 
第1節 情報技術の進化と経営戦略への影響
第2節 デジタル変革と組織文化の変容
第3節 新たなビジネスモデルの展開
第12章 ビジネス倫理と社会的責任 
第1節 倫理的意思決定のプロセス
第2節 持続可能性と環境への責任
第3節 企業の社会的責任と役割
第13章 危機管理とリスク管理 
第1節 リスクの同定と評価
第2項 危機対応戦略の策定と実施
第3項 リスク管理と組織文化
第14章 経営とAI 
第1節 AI技術の経営への応用
第2節 AIの倫理的・社会的課題
第3節 AIの未来と経営者への影響
第15章 組織の境界 
第1節 境界の定義とその進化
第2節 境界管理戦略
第3節 組織境界とイノベーション
終章 
第1節 執筆に関する所感
第2節 今後の教育一般に関する所感
第3節 AIに関する所感・再考
謝辞 

著者紹介