アイキャッチ画像

不動産業務クラウド・SaaSのいい生活が提供する賃貸業者間流通サイト「いい生活Square」にて、大和ハウスリアルエステートの物件情報が流通開始

2024年4月2日 10時

 不動産市場のDXを推進するバーティカルSaaSを開発、提供する株式会社いい生活(東京都港区、代表取締役社長 CEO:前野 善一、東証スタンダード:3796、以下:いい生活)は、大和ハウスリアルエステート株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長:山﨑 考平、以下:大和ハウスリアルエステート)に対し、不動産会社向けの賃貸業者間流通サイト「いい生活Square」 (※1) を提供し、賃貸物件情報の流通を開始したことをお知らせします。

■概要

 大和ハウスリアルエステートは、大和ハウス工業株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長 CEO:芳井 敬一、東証プライム:1925)を筆頭とした「大和ハウスグループ」のグループ会社として、近畿、関東、東海、北日本の4大拠点を持ち、約25,000戸の賃貸管理実績をもつ総合不動産会社です。居住用の賃貸アパート・マンションを中心にサブリースや管理代行、不動産の売買仲介・買取販売、そして宅地開発まで幅広く事業を展開しています。

 

 この度いい生活は大和ハウスリアルエステートに対し、不動産会社向けの賃貸業者間流通サイト「いい生活Square」 (※1) をはじめ、当社の不動産業務クラウドSaaSの提供を開始しました。これにより大和ハウスリアルエステートの管理物件が「いい生活Square」に流通開始となり、募集物件のスムーズな掲載が可能となります。

 

■導入による効果

 「いい生活Square」は物件情報データベースとダイレクトに繋がっているため、更新情報をリアルタイムで反映し、仲介会社に常に正しい募集状態を伝えることが可能です。

 また、「いい生活Square」には内見予約・申込受付をオンラインで24時間対応可能な機能も備わっているため、将来的に利用範囲を広げるタイミングがきたときでも、柔軟に対応可能となっています。

 

 今後とも、いい生活と大和ハウスリアルエステートは、新しいIT技術の活用によりDXを推進し、更なる業務効率化を目指してまいります。

 

 (※1)「いい生活Square」について https://www.es-service.net/service/square/

 「いい生活Square」は、入居申込者・賃貸仲介会社・不動産管理会社・賃貸保証事業会社間の入居申込受付・審査をペーパーレス化する入居申込Webシステムです。入居申込者はスマホからわかりやすい画面にアクセス、申込を進めることができ、何度も紙に記入する面倒から解放されます。不動産管理会社は項目の設定などにより審査に必要な情報を取得することができます。

 

■大和ハウスリアルエステートについて https://dh-realestate.jp/

·     商       号:大和ハウスリアルエステート株式会社

·     所  在  地:大阪府大阪市北区梅田3丁目3番5号(大和ハウス大阪ビル8階)

·     設       立:1978年2月15日

·     資  本  金:729,500,000円

·     事業内容:不動産流通事業、賃貸管理事業、ソリューション事業、開発事業

 

■いい生活について https://www.e-seikatsu.info/

 いい生活は「テクノロジーと心で、たくさんのいい生活を」をミッションに掲げ、不動産業務クラウドサービス、不動産プラットフォームサービスを提供する「不動産テック」企業です。不動産市場の未来を切り拓くクラウド・SaaSで巨大な不動産市場のDXを力強く推進しています。

·     商       号:株式会社いい生活

·     所  在  地:東京都港区南麻布五丁目2番32号

·     設       立:2000年1月21日

·     資  本  金:628,411,540円(2023年3月末現在)

·     事業内容:不動産市場向けSaaSの開発・提供

·     公式 note:当社のプロダクト開発体制や使用技術については、公式note のエンジニアインタビューもぜひご覧ください。

 『バックエンドに Rust を採用している「いい生活アカウント」について、プロダクトオーナーと CTO に語ってもらいました #1』

 https://note.e-seikatsu.info/n/nce2845a9a012