アイキャッチ画像

前立腺の健康を促進するアネロスから「PSY」の新発売を発表!

2024年5月16日 13時

「性と下半身の健康を支える」をモットーとする米国企業アネロス社より、医療用に開発された男性用の前立腺セルフケアアイテムの革新的なアネロス初の機能が搭載された「アネロスPSY(サイ)」が登場。2024年5月16日(木)より全国の正規取扱店、通信販売にて発売します。

【前立腺セルフケアの元祖メーカーから発表された革新的な前立腺セルフケアアイテム】

アネロスからリリースされたPSY(サイ)は、前立腺セルフケアの革新的な手法を提供します。この製品は、自宅で安全かつ効果的な前立腺セルフケアが可能であり、外部からの力を利用せずに前立腺の健康を維持することができます。さらに、PSY(サイ)は、射精を伴わない新たな未知な快楽である「ドライオーガズム」を誘発します。この革新的な製品は、男性の健康管理における重要な役割を果たします。

 

世界的にみて前立腺セルフケアという行為は普通のこと。日本ではあまり知られていませんが、泌尿器科のドクターが検査や治療目的で前立腺ケアを行う手法は昔からある行為です。

 

近年、男性は年齢とともに、生殖能力は徐々に低下し、前立腺は肥大する傾向にあります。近年、日本人男性のほとんどが、食生活の変化などの影響で、80歳までに80%の男性が前立腺肥大症になります。この症状の発症率は加齢とともに増加し、50歳代から急速に上昇します。最新の研究によると前立腺の肥大は30歳頃から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%に達します。前立腺肥大による排尿症状を伴う臨床症例は、全体の約1⁄4を占めています。

 

医療的観点からおすすめされるのは、前立腺セルフケアです。セルフケアは健康に欠かせない有益な行為であり、慢性前立腺肥大症の予防に効果的であると言われ、さらに、ケアによって老廃物が排出され、勃起不全(ED)にも有益な効果があるとされています。

 

PSY(サイ)なら、薬や手術を必要とせず、医師の診察に恥ずかしさを感じることなく、自宅で安心して前立腺セルフケアを行うことができます。前立腺セルフケアにより、下半身の健康を促進するだけでなく、未知のオーガズムの「ドライオーガズム」が誘発されます。下半身の健康は性の健康をサポートし、逆に性の健康が下半身の健康を向上させる効果があります。

 

【清田クリニック院長/ 清田敦彦先生からのコメント】

Q. EDを改善し性欲を増強したい場合、前立腺セルフケアは効果的ですか。

 

A. 前立腺の近くには勃起に関係する、または射精を促す多くの神経が集まっています。男性の性の源といえる前立腺に直接的に働きかける前立腺セルフケアは男性機能を回復させ得る場合があり、有効と考えられます。

 

Q. 前立腺セルフケアは前立腺の諸症状に対してどのような効果がありますか。

 

A. 慢性前立腺炎の治療法として前立腺セルフケアで分泌腺内にたまっている膿性分泌物を排出させることは、薬物治療法以外の手段として従来からその効果は確立されています。

 

■商品名:PSY(サイ)

https://www.aneros.co.jp

 

■希望小売価格:¥12,200

 

■特徴:

・アバットメントとKタブが簡単に微調整できるのはアネロスPSYだけ!

・微調整機能により自分にぴったりの挿入の角度、刺激の強さが楽しめる

・特殊設計された頭部が前立腺を効果的に刺激

・独特な頭部の下にある連続するコブが新たな刺激を誘発

・高品質医療用シリコン素材で肌にやさしく気持ちいい