グローバルアレルギーケア業界の市場調査2022-2030年

グローバルアレルギーケア業界の市場は、2022年に約535百万米ドルの市場価値から2030年末までに約859百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に7%のCAGRで拡大すると予測されます。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/allergy-care-industry-market/10151813

アレルギーは、通常は無害な物質に対する免疫系の過敏症によって引き起こされる状態であり、環境中のアレルゲンと呼ばれることがよくあります。アレルゲンには、ヒョウヒダニ、カビ、樹木雑草、草花粉、牛乳、卵、大豆、小麦などの空気アレルゲンが含まれます。これらのアレルゲンは、干し草熱やアレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎など、さまざまなアレルギー性疾患を引き起こす可能性があります。アレルギー反応の主な症状には、鼻、口蓋、喉、または目のかゆみ、くしゃみ、鼻づまり(うっ血)、涙目などがあります。

さらに、食物アレルギーは、アレルゲンの摂取後に、嘔吐、下痢、または呼吸器症状などの症状を引き起こす可能性があります。WHOによると、アレルギーは、癌、エイズ、心血管疾患に次ぐ世界で4番目に大きな病状です。

世界のアレルギー治療市場を牽引する主な主な要因には、アレルギー性疾患の有病率の大幅な増加、アレルギー治療用の市販薬への嗜好の高まり、および消費者のセルフメディケーションの急増です。しかし、バイオシミラーの使用の増加、および抗アレルギー薬の激しい消費に関連する副作用に関する安全性と有効性の懸念は、アレルギーケア市場の成長を妨げると予想されます。一方、アレルギー治療のための免疫療法に関する研究開発の増加と医療専門家および患者の意識の高まりは、将来的に有利な機会を生み出すことが予測されています。

アレルギー治療市場の見通しを支える有病率

いくつかの先進国では、アレルギーの蔓延が明白な懸念を引き起こしています。NCBIに掲載された記事によると、アナフィラキシーの生涯有病率は1.6%です。先進国では、統計は0.5%と2%です。小児では、アレルギー性アトピー性皮膚炎の有病率は重要です。全体的な有病率は、先進工業国では過去30年間で増加しています。

グローバルアレルギーケア業界の市場におけるキープレイヤー

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。グローバルアレルギーケア業界の市場における業界のリーダーはMerck KGaA (Allergopharma)GlaxoSmithKline plcF. Hoffmann-La Roche Ltd. (Genentech Inc.)Johnson & JohnsonAllergy Therapeutics plcAALK-Abello ASanofi SAStallergenes Greer plcAllergan Plc.Merck & Co. Inc.などです。

レポートの主なハイライト

  • 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
  • レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
  • 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
  • レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

グローバルアレルギーケア業界の市場のセグメンテーション

グローバルアレルギーケア業界の市場は、タイプ別(眼アレルギー、鼻炎、喘息、皮膚アレルギー、食物アレルギー、その他のアレルギー)、治療別(抗アレルギー薬と免疫療法)、および地域別などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

グローバルアレルギーケア業界の市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東・アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

北米が市場を支配して、最大のシェアを占めると予想され、予測期間を通じてこの傾向を維持すると予想されます。JAMA Network Open Journalに掲載された記事によると、調査では推定10.8%が食物アレルギーでしたが、成人のほぼ19%が食物アレルギーでした。食物アレルギーの成人のほぼ半数が少なくとも1回の成人発症の食物アレルギーを持っており、38%が少なくとも1回の食物アレルギー関連の救急科への訪問を報告しました。

アメリカ喘息アレルギー財団によると、ピーナッツは最も多く(食物アレルギーの研究と教育によると、2018年には160万人の子供)の食物アレルギーを引き起こします。American Academy of Allergy Asthma and Immunologyによると、ゴマは米国で9番目に多い食物アレルギーでした。この有病率は非常に高く、将来さらに増加すると予想されます。

米国とは別に、カナダ政府はカナダ人に健康的で安全な食品の選択を行うために必要な情報を提供することに焦点を合わせています。CFIA(カナダ食品検査庁)とカナダ保健省は、この目標を達成するために、州、地方自治体、および地域のパートナーや業界と協力して取り組んでいます。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151813

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]

株式会社: Kenneth  Research

電話: +1 313 462 0609

Eメールsales@kennethresearch.com

関連記事

Back to top button
Close
Close