世界の冷たい痛み治療市場ー(製品別:OTCベース(医薬品および医療機器)および処方ベース(電動/非電動デバイス)製品;アプリケーション別、地域別)グローバルシナリオ、市場規模、展望、傾向

Kenneth Researchは、世界の冷たい痛み治療市場の予測評価を提供する調査レポートを20222 15 発刊しました。これは、世界の冷たい痛み治療市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059327

世界の冷たい痛み治療市場は、2022年に21憶米ドルの市場価値から2030年末までに29憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に5%のCAGRで拡大すると予測されます。

ソース: CDC

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-cold-pain-therapy-market/10059327

冷たい痛みの治療は、痛みを和らげるための冷たい成分の使用を含みます。けがへの血流を遅くし、筋肉のけいれん、炎症、冷たい痛みを減らし、痛みと腫れを軽減します。冷たい痛みの治療は、一般的に筋肉の捻挫、靭帯の捻挫、重度のあざなどの新鮮な損傷に適用されます。また、テニス肘、カーペルトンネル症候群、腸腰筋帯症候群、棘上筋腱炎、足底筋膜炎、膝蓋大腿痛症候群などの慢性的な酷使や組織疲労によるけがにも役立ちます。

健康を維持するための運動とジム活動の重要性の高まり、スポーツ活動中の怪我の発生の世界的な成長、およびプレーヤーが採用した広告による消費者の意識の高まりは、世界の冷たい痛み治療市場を動かす主な要因の一部です。ただし、冷たい痛みの治療を支持する実質的な臨床的証拠、および冷たい痛みの治療に伴う副作用と不快感は、市場の成長を制限する可能性があります。増加する医療費と経口鎮痛薬の厳格な規制承認は、今後数年間にわたって市場に大きな刺激を与える可能性があります。

高齢者人口の増加は、市場の成長を牽引する一つの要因です。このグループの人々は、関節炎や関節障害に非常に敏感であり、寒冷療法製品の需要が高まると予想されています。さらに、転倒、事故、交通事故による外傷の増加は、冷たい痛み治療市場の成長を加速させるもう一つの主要な要因です。

世界の冷たい痛み治療市場のセグメンテーション概要

冷たい痛み治療市場は主に製品、アプリケーション、および地理学に分類されます。製品による分類には、主にOTCベースの製品と処方ベースの製品が含まれます。さらに、OTCベースの製品は、さらに医薬品(ゲル、軟膏、およびクリーム、スプレーとフォーム、パッチ、およびロールオン)と医療機器(冷却タオル、湿布、ラップ、およびパッド、冷パック)に分類されます。また、処方ベースの製品は、電動デバイスと非電動デバイスにさらに分類されます。アプリケーションによる分類には、筋骨格障害、スポーツ医学、術後、外傷、理学療法が含まれます。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

冷たい痛み治療市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。それとは別に、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因の一つです。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。支出レベルが最も高い地域には、北米、オセアニア、西ヨーロッパが含まります。一方で、西アフリカ、中央アフリカ、東アフリカは、支出レベルが最も低い地域であり、南アジアによって牽引されています。さらに、政府支出は他のソースと比較して最も速い成長を目撃し、2017年の世界の医療支出の約60%を占めました。さらに、健康問題の増加により、さまざまな主要企業が研究開発活動に投資するようになり、それによって医療セクターに大きな機会と進歩が生まれていま生み出しています。さらに、世界の冷たい痛み治療市場に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。世界の冷たい痛み治療市場は、地理に基づいてさらに区分されます。

  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

世界の冷たい痛み治療市場におけるキープレイヤー

レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。世界の冷たい痛み治療市場におけるHisamitsu Pharmaceutical Co., Inc., 3M Company, Breg Inc., Johnson & Johnson, Ossur hf, ROHTO Pharmaceutical Co., Ltd., Sanofi, DJO Finance LLC, Beiersdorf AG, Medline Industries Incなどキープレーヤーを含む市場のキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]

株式会社: Kenneth  Research

電話: +1 313 462 0609

Eメールsales@kennethresearch.com

関連記事

Back to top button
Close
Close