グローバル遺伝子組み換え療法業界市場調査2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「グローバル遺伝子組み換え療法業界市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030」を2022215日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151916

遺伝子組み換え療法は、実験技術を利用して種間で特定の形質の遺伝子を導入することを可能にします。遺伝子組み換え療法は、生物のDNA塩基の削除、挿入、変更、または置換のプロセスです。遺伝子治療には、Ex-Vivo遺伝子治療とIn-Vivo遺伝子治療の2種類があります。ex-vivo遺伝子治療には、培養細胞への遺伝子導入とその後の患者への再導入が含まれますが、In-vivo遺伝子治療では、遺伝子は特定の組織の細胞に直接提供されます。

新しい遺伝子組み換え技術の開発と研究のための資金と投資の増加も、市場を牽引すると予想されます。20181月、米国国立衛生研究所(NIH)は、ゲノム編集研究に19千万米ドルの助成金を発表しました。この新しいプログラムである体細胞ゲノム編集は、今後6年間で生物医学研究者に資金を提供すると予測されています。NIHを含む主要な研究機関からの支援は、この分野のより多くの研究者を引き付ける可能性があります。これは、技術の進歩につながり、市場を推進する可能性があります。

ゲノム修飾技術の高コストは、予測期間中にゲノム修飾市場を抑制すると予測される主要な要因です。イェールゲノム編集センターが提供する料金表によると、2018年には、遺伝子編集施設に8,000ドルから15,000ドルの料金がかかります。ゲノム改変施設に関連する高コスト(特にインド、中国、ブラジル、南アフリカを含む新興経済国)は、市場を妨げると推定されています。さらに、ゲノム修飾は非常に複雑な技術であり、熟練した研究者が必要であり、その採用をさらに妨げています。

グローバル遺伝子組み換え療法業界市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。一方、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因の一つです。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。支出レベルが最も高い地域には、北米、オセアニア、西ヨーロッパが含まります。一方で、西アフリカ、中央アフリカ、東アフリカは、支出レベルが最も低い地域であり、南アジアによって牽引されています。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。

  • グローバル遺伝子組み換え療法業界市場は、テクノロジー(アンチセンス、CRISPRZFNTALEN、その他)アプリケーション別(細胞株工学、診断アプリケーション、遺伝子工学、創薬と開発)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • グローバル遺伝子組み換え療法業界市場における業界のリーダーはBeam TherapeuticsAbeona TherapeuticsEditas MedicineGE HealthcareAllergan PlcFate TherapeuticsMarcala BiotechHitachi Chemical Advanced TherapeuticsAmerican Gene Technologies International Inc.Krystal BiotechJivana BiotechnologyNantkwestOrchard TherapeuticsLimelight BioCellectaCalyxtなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • グローバル遺伝子組み換え療法業界市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

グローバル遺伝子組み換え療法業界市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

  1. 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  2. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  3. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  4. 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151916

[調査レポートの詳細内容について]

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]

https://www.kennethresearch.com/report-details/genetic-modification-therapies-industry-market/10151916

株式会社: Kenneth  Research

電話: +1 313 462 0609

Eメールsales@kennethresearch.com

関連記事

Back to top button
Close
Close