世界のウイルス不活化市場の見通しー2022-2030年の予測期間中に13%のCAGRで拡大

Kenneth Researchは、世界のウイルス不活化市場の予測評価を提供する調査レポートを20211230日 に発刊しました。これは、世界のウイルス不活化市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059469

世界のウイルス不活化市場は、2022年に565百万米ドルの市場価値から2030年末までに1,329百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に13%のCAGRで拡大すると予測されます。

世界的な製薬およびバイオ医薬品企業の数の増加、ライフサイエンスへの投資の増加、および医薬品のリストと承認の数の増加、および産業開発のための政府の資金の増加は、市場の成長を推進する主な要因です。慢性疾患(癌、糖尿病、自己免疫疾患、その他の疾患など)の数が世界的に増加しているため、医療費が増加しています。医療費を増やす主な必要性は、これらの病気の増加に対処するための新しく改善された治療法を設計および開発することです。新薬の商品化につながった研究開発の革新、創薬、およびFDAの承認の増加は、市場の成長を促進しています。

近年、多くの企業やその他の政府機関がライフサイエンスの開発に多額の投資を行っています。これにより、幹細胞治療や細胞および遺伝子治療など、疾患を治療するための新しい治療法や代替治療法の数が一般的に増加しています。ウイルスの不活化は、これらの製品の製造において、消費後の汚染や死亡を防ぐために不可欠で重要なプロセスです。

ウイルスの不活化はウイルス除去プロセスの重要な部分であり、あらゆる医薬品開発プロセスに不可欠です。FDAなどの規制当局は、細胞および遺伝子治療、ワクチン、治療、組織および組織製品、幹細胞製品、血液および血液製品など、さまざまな用途でウイルス不活化の必要性を高めています。これは、市場のさらなる成長のための条件を提供します。

世界保健機関の統計によると、2017年の世界の一人当たりの医療費は1,064.741米ドルでした。1人あたりの世界的な医療費は2008年の864.313米ドルから2018年には1,110.841米ドルに増加しました。米国は、2018年に1人あたり10,623.85米ドルの医療費に達したトップの国でした。米国の国内一般政府医療費は、2008年には3515.82米ドルでしたが、2018年には5355.79米ドルに増加しました。これらは、過去数年間の市場成長の原因となるいくつかの要因です。さらに、メディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)の予測によると、米国の国民医療費(NHE)に関連する推定平均年間変化率は2019年(4.5%)と比較して2020年には5.2%でした。

世界のウイルス不活化市場のセグメンテーション洞察


[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-viral-inactivation-market/10059469

製品情報:

さまざまな製品によって、市場はキットと試薬、システムとサービスに分析されています。製薬会社とバイオ製薬会社が継続的に使用されているため、キットと試薬は市場で最大の市場シェアを占めています。サービス提供会社が提供する管理の利便性と専門的なサービスにより、サービスは最も高い成長率で成長することが予測されています。

アプリケーション情報:

アプリケーションに応じて、ウイルス不活化市場は、ワクチンと治療、幹細胞製品、血液と血液組織製品、組織と組織製品、および遺伝子と細胞治療製品に分割されます。生物製剤の生産量の増加と、病気を治療するための生物製剤の使用を促進するための政府の資金の増加により、ワクチンと治療法は最も速い速度で成長すると予想されています。幹細胞研究や細胞や遺伝子治療などの他のさまざまなアプリケーションでの研究開発の革新も、市場の成長に大きく貢献しています。

エンドユーザー情報:

最終用途により、ウイルス不活化業界は、製薬およびバイオ医薬品企業、CRO、学術研究機関、およびその他(医療機器企業、研究所、血液銀行)に分割されられます。これらの製品の医薬品開発および製造への使用の増加により、製薬およびバイオ医薬品企業が最大のシェアを占めています。CROは、ウイルス不活化プロセス全体に対して、パーソナライズされたサービスと効率的な管理を提供します。

レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

世界のウイルス不活化市場におけるキープレイヤー

世界のウイルス不活化市場における業界のリーダーは、Clean Cells , Charles River Laboratories International, Inc. , Danaher Corporation , Merck KGaA , Parker Hannifin , Rad Source Technologies , Sartorius AG , SGS S.A. , Texcell, Inc. , Viral Inactivated Plasma Systems SA , and WuXi PharmaTech (Cayman) Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

製薬業界の成長、医薬品承認の増加、およびこの地域でのバイオテクノロジーとライフサイエンス研究を支援する国立研究所の存在により、市場で最大のシェアは北米によって支配されると予測されます。

世界のウイルス不活化市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

·        アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

·        北米(米国およびカナダ)

·        中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

·        ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

·        ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059469

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]

株式会社: Kenneth  Research

電話: +1 313 462 0609

Eメールsales@kennethresearch.com

関連記事

Back to top button
Close
Close