境界侵入検知システム市場ーコンポーネント別;展開タイプ別;通信技術別;インストール別;エンドユーザー別–世界の需要分析と機会の見通し2020-2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「境界侵入検知システム市場:世界的な需要の分析及び機会展望203020211222日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3660

世界の境界侵入検知システム市場は、20202030年の予測期間中に8.6%のCAGRで成長することにより、2030年末までに59788.2百万米ドルの収益を獲得すると推定されています。さらに、2020年には、市場は26318.0百万米ドルの収益を生み出しました。市場の成長は、世界的にスマートシティイニシアチブの成長、および世界中で強盗や盗難に対する懸念が高まっていることに起因する可能性があります。その結果、境界侵入検知システムの必要性が高まっています。

米国連邦捜査局(FBI)の統計によると、2019年に米国で約267988件の強盗が記録されました。一方、ユーロスタットの統計によると、2019年には、欧州連合で1567500件の強盗と4801400件の盗難が記録されました。ソナー、レーダー、自動識別システム、GPSなどを含む世界中のビデオ監視システムのインストールの増加、およびセキュリティシステムにおけるクラウドおよびワイヤレステクノロジーの進歩は、市場の成長を促進すると予想される追加の要因です。

境界侵入検知システム市場は、情報技術産業における技術革新の成長を背景に、過去数年間継続的な成長を目撃しています。モノのインターネット(IOT)と人工知能(AI)を多数の産業用および住宅用アプリケーションに急速に統合することにより、境界侵入検知システム市場は今後数年間で大幅に成長すると予想されます。米国のIT業界は、世界中のテクノロジーセクターで約30%の最大のシェアを占めています。境界侵入検知システム市場の成長は、多くの業界でデジタルトランスフォーメーションを可能にする率の上昇によって大いな影響を受けると予測されます。2017年と比較して、2018年のICTおよびテレコムのテクノロジー支出は約5%の成長を記録しました。2019年に製造業は、デジタルトランスフォーメーション約3400億米ドルを投資したと推定されています。一方、ロボット、自律、貨物の運用は、同じ年に約1,280億米ドルを投資したと予測されています。それとは別に、投資の72%以上がハードウェアおよびサービスセグメントによって提供されると予測されています。AIIOT、ロボティクスがビジネスモデルを変革する中、境界侵入検知システム市場は今後67年で注目に値する成長を記録すると推定されています。

レポートの主なハイライト

·        市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。

·        レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。

·        統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。

·        レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

境界侵入検知システム市場におけるキープレイヤー

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。境界侵入検知システム市場における業界のリーダーは、Bosch Security Systems, LLC, Johnson Controls, Inc., Honeywell International Inc., Axis Communications AB, RBtec Perimeter Security Systems, Southwest Microwave, Inc., Fiber SenSys, Inc., Senstar Corporation, Hangzhou Hikvision Digital Technology Co., Ltd., Dahua Technology Co., Ltd., ZKTECO CO., LTD.などです。

境界侵入検知システム市場のセグメンテーション

境界侵入検知システム市場は、コンポーネント別(ビデオ監視システム、物理アクセス制御システム、境界セキュリティシステム、その他のソリューションとシステム、およびサービス);展開タイプ別(埋め込み/非表示、フェンス取り付け、およびオープンエリア/自立);通信技術別(セルラー、マイクロ波、VSAT、その他);インストール別(新規およびレトロフィットインストール);エンドユーザー別などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

境界侵入検知システム市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。境界侵入検知システム市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。境界侵入検知システム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、2020年の10649.9百万米ドルの収益から、2030年末までに24613.8百万米ドルの最大の市場収益を保持すると予想されています。さらに、地域の市場は予測期間中に8.7%のCAGRで成長すると予想されます。この地域の市場の成長を促進すると予想される主な要因の1つは、この地域の国々(特に中国、およびさまざまな地域の境界セキュリティの強化)の政府の注目が高まっていることです。

中国はまた、世界の他のすべての国の中で最も重いCCTV監視を行っていることでも知られています。国は、世界中に設置されたCCTV監視カメラの総数の約55%のシェアを登録しました。さらに、太原、無錫、長沙、北京などの都市は、世界で最も監視されている上位20都市に登録されています。それぞれ120台近くのカメラ(1000人あたり)、90台のカメラ、55台のカメラ、50台のカメラを録画しています。北米は、予測期間中に8.5%で拡大すると予測されます。


境界侵入検知システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

·        アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

·        北米(米国およびカナダ)

·        中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

·        ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

·        ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3660

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/perimeter-intrusion-detection-systems-market/3660

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/perimeter-intrusion-detection-systems-market/3660

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  E
メール: info@researchnester.com

関連記事

Back to top button
Close
Close